2014年08月16日

かさこ塾受講記その2・深く深く潜って確かめにゆくのだ、答えは自分の中にある

7月22日。


いよいよ、かさこ塾第三期の開講。



かさこ塾に行きたい!
と思った理由(受講動機)はいくつもありましたが、

・ブログもSNSも既に利用しているが、使いこなせている自信がない
・個々の作業が遅い。が、何が無駄なのかが分かってない
・ブログを複数開設してしまっているけど収集ついてない。どうしよう。
・という点を克服して、「紅茶のひと」であることをもっと掘り下げて行ければ…
・その上で、受講生の方々から何かしらの刺激もいただければ…
というのが主なところ。

(ストーカーではない、と一応言っておく)



そして何より、
かさこさんのブログから垣間見られるかさこ塾の様子が、
とてもエキサイティングで楽しそうに見えてたので、
現在の自分の閉塞的な状況を、もしかしたら変えられるかも知れない、
という風にも思えてました。
4月の東京でのオフ会の時にも、2月に受講された一期生の皆さんが、
各々スタッフとして自主的にきびきびてきぱきと動かれてたのが印象的だった)



さて。

青春18きっぷ利用期間だから行ける!
と小躍りした割には、
様々なスケジュールの都合から、
初回は夜行バスでの往復というオチではありましたが、
久しぶりの東京(厳密には横浜で降りたのだけど)、
日中は、紅茶のお店巡りをしたり、
これとか)
銀座のギャラリーへ行ったり、
(少し前にこの方の講演を聴き、たまたま写真展の期間中だったので)
比較的、駆け足で過ごしたのち、


今まで何度も行ったことのある、会場のサンクチュアリ出版へ向かいましたが、
お約束のように迷子になり、半泣きになりながら辿り着いたら、
実は開始時刻を間違えてて、30分以上早く着いてしまったりなどなどありましたが、
遅刻するよりはずっとましやんね、ということにして。




三期生は全部で18名。
最初に、全員の自己紹介がありましたが、みなさん個性的な方ばかりで、
え、私って、普通に平凡な人でしかない?!
と、他の塾生の方々の自己紹介を聞きながら、だんだん焦りテンパる私。

何をどんな風に話そうか、と頭の中で組み立ててはみたものの、
いざ自分の番になって、緊張のあまり脳内ホワイトアウトしてしまい、
紅茶のことじゃなく、鉄道の話多めな自己紹介になってしまいました…。

(セルフブランディングって…セルフブランディングってー!!!)



そして、
前日のかさこさんのブログを読んで、
一体何をするのだろう…?と思ってましたが、
この日の後半で、大量の白い紙を使ってのワーク。



詳しい内容については、上記のリンク先と被りますので省きますが、
これが私にとっては、冒頭に書いた今回の受講動機から、
深く深く、深層心理へと潜っていく作業で。




実はこの作業が、この4週間を過ごすに当たっての、
とても大事なステップだったのかも知れない、と、
全日程を終えた今、改めて思います。




このブログを書くに当たって、
先程、自分の書いたものを読み返してみたのですが、
この4回で出た、様々な宿題は、
このワークをベースにすると、一本の筋に繋がるのですよね…。




ということで、
初日から、濃い人々とともに、濃い内容の講義を受け、
早速出された次回までの宿題を、さてどうしようか?!と思い悩みつつ、
夜行バスの時間も気になるところだったので、受講後の懇親会もそこそこに、
JR千駄ヶ谷の駅までダッシュする私でした。




その3に続く)
posted by やすえ at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック