2014年01月29日

映画「シロウオ」~原発立地を断念させた町~

夜行バスで帰宅したら病人が寝ていた為、
事後レポートを書けるまでに時間がかかってしまいましたが、
先週末の横浜行きは、こちらの映画の上映会でした。

映画「シロウオ」~原発立地を断念させた町~

このブログでは度々触れているかさこさんが、
「かさこマガジン」がきっかけで作ることになったドキュメンタリー映画。

かつて、原発計画があったにも関わらず、
作らせなかった場所が、日本全国で34箇所もある、
ということは、意外と知られていないと思います。
(私も、そんなにたくさんあるとは知らなかった)

その中から、紀伊水道を挟んで住民同士が連携し、原発立地計画を追い出した、
徳島県の「蒲生田原発」と和歌山県の「日高原発」の反対運動に焦点を当て、
当時、反対運動に関わった人たちを中心にインタビューをした作品となってます。


映画の制作過程の取材内容や、作品中のインタビューの模様は、
随時、かさこさんのブログにも掲載されていたので、
部分的には見たシーンもいくつかあったのですが、
映画作品としてできあがったものを今回通して観てみて、
改めて、伝わってくるものや、考えを新たにできるようなものはあるのだなと感じました。


あまり書くといわゆる「ネタバレ」となってしまいますので、
内容が気になるという方は、上記のリンク先を見て頂ければと思います。
ただ、印象的だったことのひとつが、
そこに映し出されている自然や風景の描写が、
ひとつひとつ、とても美しいということ。

原発が来たら交付金が入ってきて町が豊かになると言われても、
お金じゃなくて、とにかくこのきれいな自然あふれる町を守りたかった、
と、登場される方々が異口同音に語っている言葉が、
この、本当にきれいな風景を見ていると、ものすごくリアリティをもって伝わってくるのです。


原発に反対・賛成に関わらず、
一人でも多くの人に、この映画を観て欲しい、
そして、考えて欲しい、と、
私なりに、決意を新たにした次第です。



…そうです。
上映会のあとの監督トークでも少し触れられてましたが、
関西でも上映会を開催します。


昨秋の映画の完成後、
上映は当面、自主上映が中心となることを知り、
更に、監督が自身の地元上映会を主催する、と聞いて、
映画のロケ地に近い関西で上映すれば、より“自分ごと”として捉えられる人が多いんじゃないかと思い、
上映会やってくれる人がいないなら、私がすりゃええやん!
と、いろいろと動いてみた結果、
思わぬ場所で思わぬ時期に開催できることとなったのです。


かさこさんも映画監督は初めてで、
プロデューサーの矢間氏も映画製作は初めてだったそうですが、
私も映画上映会を開催するのは初めてです…。
初めてですが、
何事も、最初っから熟練した人なんていないので、
まずは、初期衝動を保って頑張っていきます。


日程は3月22日(土)、
場所は大阪・中津、ピエロハーバーにて。
昼・夜2回上映、各回終了後に監督トーク有。
詳細はまた後日、お知らせします。



※自主上映も引き続き、シロウオ上映委員会で募集されてます。
こんな私のブログを見て、もし「じゃ、自分の街でも上映したい!」
という方ありましたら、
上映委員会へ一度、お問合せ頂ければと思います。
自主上映についてはこちらご覧下さい。
posted by やすえ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック