2012年03月22日

実は東京へふらっと行けるほどの元気は取り戻してました・その2

さてさて。






3月20日の東京行き・後編。







今年のテーマのひとつとして、
「できるだけ、人に会っていこう」
というのを掲げた私。


それもあったので、
かさこさんご本人とは、
先月下旬に東京へ行った際、
(半ば強引にお願いして^^;)
お会いしてお話したことはあったのですが、
ウェブ上に書いてらっしゃる文章とは裏腹に、
とても柔らかい印象の方でした。




今回のオフ会の会場は、
昨年秋のオフ会でも利用された、
東京都・文京区にある老舗旅館「鳳明館」。

地下鉄の駅から少し歩いて、
急な坂を上って辿り着き、中へ入ってみると、
何だか昔懐かしい雰囲気てんこ盛りの旅館でした。



17時半過ぎに着いたのですが、既に20名ぐらい先にいらっしゃって、
その後も、どんどん人数が増えてって、
最終的には、44名の参加だったそうです。




18時から、かさこさんの講演会開始。
今回は「第4回かさこオフ会&第1回かさこ講演会」ということで、
東日本大震災の被災地取材に対する講演。


「〜来たるべき大地震に備えて〜被災地取材で感じた防災の教訓」と題して、
写真を中心に、3つのポイントに分けての、とても分かりやすいお話でした。


以下、そのポイントと、私の簡単な感想。


1.津波は他人事ではない

…海のそばじゃないから大丈夫、じゃないんですよね。
東京近辺を例にとってのお話だったので、私は土地勘ないぶん分かりづらかったので、
帰宅してから、阪神間に同等の津波がきたらどうなるか、を調べてみたのですが、
一応、うちの自宅はギリギリセーフっぽいものの、
大阪市内で津波が来たら完璧アウト!だということが判明。
(大阪市内の地下街とか、そうとう危なそうだ)
ついでに、我が家は川のすぐそばだし、もっと範囲を広げると、
伊丹は猪名川と武庫川とに挟まれてるので、
津波が川を遡上してきたら水没するなあ、と…。


2.避難所待遇はボランティアで決まる

…避難所の実際については、昨年夏に「We」のフォーラムに参加した時、
仙台からの現地報告の中で、支援についての打診があっても、
自治体の長や、場合によっては避難所を仕切っている長が、
支援を断ってしまうという話を聞いてたのですが、
そうすると、一番困っている人のところへ、支援が行き届かない。
どうしても、マスメディアが取り上げた場所へ、ボランティアも集中してしまいしがちなので、
困っているということを発信することって重要なのだなあ、と。


3.有事こそ情報が大事

3月11日、ものすごく情報が錯綜してたのを思い出しながら、
その後も、マスメディアもネット上でも、情報って偏ってたなあ、と。
そういえば、阪神大震災の時も、地元スーパーには普通に商品入って来たのに、
大阪市内の勤務先の近所のコンビニはあんまり物がなくて、
「被災地に優先的に納品されるから、あんまりパンとかなくてごめんね」
と店長に言われて苦笑いするしかなかったのを思い出しました。
そのあたり、16年前と大して変わってないってことで、やっぱり苦笑いするしかない?!



特に、情報については、見極める“目”は育てていくべきだな、という思いを強くしました。
そのためにも、普段から、色々な物事を見聞きして、
様々な人たちと語っていく必要があるのだなあ、と。




そして、
昼間に行った企画展の内容と、
何故かものすごくリンクするというか…。

あの企画展に行ってから、かさこさんのお話を聞いたということに、
何だかものすごく“必然性”を感じた次第です。


人生にムダはあるようでないんですね、きっと。






かさこさんの講演のあと、
オフ会参加者全員の自己紹介。

44名もいらっしゃると、自己紹介だけで軽く1時間以上かかるわけで、
しかも、普段から話し慣れているような人ばかりではなく、
初めてオフ会というものに参加された方もあるわけなのですが、
これが、良い意味でものすごいカオスというか、興味深かったです。
一言でいうと、全員「普通の人」ではない!
この自己紹介を聞いているだけでも、何だかものすごい刺激を受けました。




実はかなりの人見知りな性格ゆえ、
あまりたくさんの方とはお話できなかったのですが、
それでも、自己紹介の前後で、
何人かの方とはお話してきました。

夜行バスの時間もあったので、
ごあいさつもそこそこに会場を後にしたのでしたが、
帰宅してから、オフ会に参加されてた方々を、
(直接お話できなかった方も含めて)
ツイッターやフェイスブックやアメブロで探すことができました。

オフ会後に、かさこさんが
「ネットがきっかけでリアルにお会いし、
 そこで出会った人たちがまたネットでつながっていく。
 なんかすごい時代。
 この力をいい方向に使っていけば個人が主役の時代になると思う」
とツイートしてらっしゃいましたが、
まさにその通りだな、と。


正直、今回はものすごく無理をして出かけたのですが、
「できるだけ、人に会っていこう」
と決めたからには、
こんな良い機会は又とないので、と、意を決して行ったことは、
間違ってはないはず。






とは言うものの、
年が明けてから(というか、立春から)こっち、
かなりの無理を自分に強いているので、
ここからは、少し、精神と身体のメンテナンスにも気を配ることにします。
posted by やすえ at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259441202
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック