2017年05月23日

そして「はじめてのにゅういん」2日目~5/9(火)歩けるやつは手術室まで自力で歩いて行くんだぜ

一晩たって5/9(火)。いよいよ手術当日。


前日、寝られるだけ寝倒したせいもあってか、
朝6時前に一度目が覚める(二度寝したけど)。


ちゃんと起床したのは8時すぎ。


この日は朝食なしなので、お茶と白湯をのみつつ、
特にすることもないのでベッドでごろごろ。

さらに朝9時を過ぎると水分も摂れなくなったので、
本当に何もすることがなく、引き続きごろごろ。


そして、手術に備え、人生で初の点滴を、
血管の関係などもあってか手の甲に差すことになり、
自分の身体に針が刺さってると思うだけで一気にテンションが下がって、
本当に寝て手術の時を待つしかなくなったので、
生理痛と共にひどくなってきた腰痛も相まって、意識もだんだん遠くの方へ。


そんな、起きてるのか寝てるのか、意識がふわふわしているところへ、
気付いたら昨日夕方から空いていた隣のベッドへ、
急患とおぼしき患者さんが緊急入院してきた模様。

(私が入院してたのは個室ではなく定員4名の相部屋でした)

カーテン越しだったので姿は見えず、
医師や看護師との話し声が聞こえてくるだけだったけど、
何だかものすごく辛そうな様子だな…と思っていたら、
その方の方が先に手術室へ運ばれていったようでした。


その急患さんが入ったからだけではないようですが、
私の手術は予定より2時間ほど後倒しになり、
(昨日の説明の時点でも、午前の手術の進行によって、
その後の手術時間が変更になることはよくあるとは聞いていた)
手術室へ向かう直前に看護師さんに起こされて。

さて。手術っていうと、
よくドラマなどでは患者はストレッチャーに乗せられて運ばれてますが、
私の場合は、点滴スタンドを引きつつ自分で歩いてエレベータで手術室へ。

これは入院前にあらかじめ説明を受けていましたが、ここの病院では、
自力で動ける患者は手術台まで歩いていくのが基本だそうです。
(病棟の看護師さんは手術室まで連れてってはくれます)


手術室の入口すぐの受付で、オペ室の看護師さんへバトンタッチ。
ネームバンドを目視で確認した上でバーコードもスキャンし、
さらに患者側から氏名と本日の手術箇所を申告する(医療事故防止)、という、
フェスでもそこまでせんわ!というレベルのセキュリティチェックのあと、
いよいよ割り当てられた手術室へ。

手術台に上ってからはメガネを外していたのであまり見えてませんでしたが、
オペ室のスタッフさんはものすごく手際よく、
まるで早送りのようにてきぱきと手術準備が進んでいって。

「少ししみますが我慢してくださいね」という声とともに、
点滴から麻酔薬が入ったのですが、しみるどころか正直痛くて、
「あ、痛い、痛いです!…あ、痛いのがだんだん通り過ぎて手首まで来た…」
と言ったような気がしますが、ここで私の記憶はぷっつり途切れました。



次に記憶が戻ったのは、
「やすえさん、手術、終わりましたよ」
という声を聞いたとき。
この時にはまだ手術室でしたが、あ、終わったんか、と思った瞬間、
意識はまた再び混沌の彼方へ。



その次に意識が戻ったのは病室で、
「手術、終わったよ」と付き添いで来てくれてた母が声をかけてくれた時。
でもその後も、この日はずっと意識が朦朧としたままでした。




前日に使用薬剤の説明を受けた際、
「麻酔は点滴からの薬剤と、マスクからのガスで全身麻酔します。
手術が終わって麻酔を止めたら一旦お声がけしますが、
その時にはきっと、ぼーっとされていると思います。
そのあと病室へ戻ったらまたお声がけしますが、
その時もまだ意識はぼんやりだと思います」
と、当日の流れも聞いてはいたのですが、まんまその通りでした。




この日はこのあと、ともかく腰が痛くて痛くて、
巡回の看護師さんたちにもずっと「腰が痛い」と言ってたような気がします。




そして手術後は終日絶飲食でしたが、
点滴で水分と必要な栄養を入れていたためか、
不思議とおなかはそんなにすきませんでした。点滴あなどれない。




腰が痛くて夜中に何度も目覚めつつ、この日は更けていきました。
posted by やすえ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

そして「はじめてのにゅういん」1日目~5/8(月)リストバンドを手首に巻けどフェスではない

~ここまでの簡単なまとめ~

1.昨年秋(9/30)に乳がん検診の精密検査→診断:乳房腫瘤
2.今年春(3/31)に検査→腫瘤が大きくなっていた為手術はほぼ決定
3.翌週(4/7)さらに精密検査→入院しての手術がほぼ決定
4.翌々週(4/14)さらに精密検査→診断:悪性の疑い
5.2週間後(4/28)前回の検査結果→診断:乳癌(ステージ0)


ということで、
マッハの速さでゴールデンウィークも終わった5/8(月)。

人生で初めての入院となりました。

…とは言え、連休中前半はずっと忙しく、後半は生理痛でしんどくて、
正直言うと、入院準備の荷造りが済んだのは家を出る直前でした。

(普段から旅行の際の荷造りも大体そんなもんではある)



午前11時までに来るようにと病院からは言われていましたが、
連休明けだからか、入院手続はかなり混んでいて、
入院病棟へ案内された時点で昼近くになっており、既に疲労困憊だった私。

ですが、入院時って思いの外することたくさんありました。

病室に着いたらまずリストバンド…じゃない、ネームバンドを装着。
これは医療事故防止のため、患者の名前とバーコードが印字されたものを、
入院中は手首に装着しておくのですが、
個人的には(音楽フェスのリスバンといっしょや…)と、
無駄にテンションが上がったことをここに告白いたします(笑)。

ですが検温、血圧測定、採血と、
(あー、病院に来てるんやー)という処置を経て、
一瞬上がったテンションは落ち着き。

そうこうしている間にお昼ごはん。
この日のメニューは、メインがエビチリソース、
副菜にブロッコリーのくず煮と白花豆の甘煮、
デザートにりんご(やけに塩味が濃い)。
ごはんはビタミン米が200gで、
全体的に量が控えめだな…と思いつつ完食。


午後からも、主治医による手術の説明や、
薬剤師による全身麻酔と使用薬剤の説明、
そして、血栓防止のため手術中に穿くストッキングのサイズ測定など、
それなりにスケジュールは詰まってました。


(でも生理痛が痛かったので合間の時間はずっと寝てた)


ちなみに入院前の担当医は別の病院の所属で、
私が入院した病院では週一で外来診察のみ担当だったため、
手術に入ってもらう主治医とは入院後に初めて顔を合わしたのでした。



入院中の入浴は、原則として男女で一日交替となっていて、
本来なら月曜は男性の日だったのですが、
私は火曜に手術を控えていたので、この日入浴することに。

浴室はそこそこ広く、湯船もあったので、
手術後は当分の間シャワー浴のみになるため、
できることなら浸かりたかったのですが、
いかんせん生理真っ只中ではそれも叶わず。

(手術日を予約する際「あ、その日は生理です…」と一応申告したけれど、
担当医には「手術するのは上半身だから関係ないです」と一蹴されたのでした)


お風呂から上がってしばらくすると夕食の時間。
メインは豚肉とアスパラの野菜炒め、
副菜は大根の煮付けと、白菜の土佐酢和え。
そしてデザートはフルーツゼリー。
ご飯は葉酸米が200g。
味加減は薄味嗜好の私にはちょうど良かったけれど、
やっぱり量が控えめだなあと(もちろん完食)。


翌日は11時30分過ぎに手術室入りの予定だったため、
この日の21時以降は絶食、当日9時以降は水もNG。

ですが夕食後は生理痛の痛さも相まって爆睡。
手術前日は体力温存のため、眠りが浅くならないように、
22時頃に睡眠薬をのむことになってましたが、
それ要らないんでは?というくらいの勢いでとにかく寝ていた初日でした。

(寝倒していたけれど22時前に服薬のために起こされました・笑)



さて、翌日はいよいよ、人生で初めての手術です。
posted by やすえ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

「がん検診」半年後経過観察通院・その4~4/28(金)絶対にボケさせてはくれない診察室

そんなわけで前回から2週間経過した4/28(金)。




私、夫に加え、
前回は都合が悪く来られなかった私の母もともに病院へ。



診察前の待ち時間に専用窓口で入院の全般的な説明を受けたあと、
担当医から母へ、先週同様の“前回までのあらすじ”の説明があり、
それから先週の針生検の結果の説明がありました。


で。


担当医の性格もあるのかとは思われますが、
回りくどい訳ではなく、むしろ余計なことは全て省いたうえで、
かつものすごく、言葉を選んで説明をされるため、
私自身の印象としては、自分が重篤な病だとは思わなかったのですが。




先週の針生検の結果の話、
ものすごく、ものすごーーーくさりげなく、
「癌」て言われたのですよ。




…ほら、関西人的には、
「癌です」て告知されたら「がーん!」てボケたい、
みたいなノリがあるじゃないすか(実際には言わないとしても)。




もう、ね、
そういう私の性格を見透かされていたのかと思うほど、
さりげなさすぎるぐらいにさりげなく告知されたわけなのです。




(つーか「癌」て単語を使わずに癌だと説明されたに等しい…
渡された手術説明の書面には「乳癌・ステージ0」て明記されてたけど)




今回問題になった、小さい方の腫瘤の状況は、
針生検の結果「乳癌」という診断が出たけれど、
状態としてはしこりになる前の段階、
乳腺の中で、非常におとなしい状態である、ということで、
大きい方の腫瘤も、同じ乳腺の管の上にあるため、
おそらく同系統のものだろう、ということでした。




よく「セルフチェックでしこりがあれば要注意」と言われてますが、
私のはしこりですらなかったわけで(故に視触診検査ではスルー)。

癌の方からしてみれば、
「あれー、なんでこの段階で見つかっちゃったんだろー」
ってな感じだったんだろうな、と。


(私からしてみれば、宿主に似てのんびりやさんの癌でよかったなーと)






何はともあれ。





昨日も書きましたが、私としては、
・もう手術することは決定している
・前々回の診察の段階で、全身麻酔&入院も決定している
ということは既に前提となっていたので、
手術10日前のこの段階で、今さら癌だと言われても
「さいですか。どのみち切るんでしょ」くらいな印象ではありました。


(まあ、前回までの担当医の説明だと、
手術して摘出部分を病理に回した結果が「やっぱ癌やったわ」
となるのかもな、くらいに思っていたので、
それが前倒しになったんか、ぐらいな感じ)





そして、ゴールデンウィーク前半は企画が詰まっていたのもあり、
あまり深刻に考えるヒマもなく、入院日が近づいていったのでした。




(余談ですが「ボケるスキマがなかった」件、
医療関係従事の友人にぽろっと話したら、
「医者側はボケられても拾えないから!」
と厳重注意を受けたのでした・笑)





まだまだ続きます。
(土日は更新休んで月曜から連載再開の予定です)
posted by やすえ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

「がん検診」半年後経過観察通院・その3~4/14(金)二度あることは三度…刺すんすか

そしてまた一週間が過ぎた4/14(金)。




前回「入院の説明もあるので次はできれば家族さんも同席の方が」と言われたので、
我が家のもう一人の住人(夫)にも、有給休暇を取ってもらって同席願いました。


今回の検査結果を伝えたところ、
「…俺、やっぱり何かやった?」
と言うので、
「そーか、やっぱりお前の仕業だったのかー!!」
等々冗談を交えつつ、病院へ向かったのでしたが。




手術がほぼ決定していたこともあり、
この日は尿検査と胸部X線撮影、肺活量検査を済ませてから診察室へ。
「家族さんに来ていただいたので、
(本人さんに対しては)重複になりますが最初から説明しますね」
と担当医から、昨年秋の検査からの懇切丁寧な説明がありました。

そして、これも昨年秋からずっと言われていたのですが、
担当医の言によると、
「良性」と「悪性」は2択ではなく、
良性と悪性との間のグレーゾーンというのがあり、
今は良性寄りでも、時間の経過によって悪性に傾くものもある、
という説明が今回もかなり丁寧にあった上で。


先々週、先週と連続で針刺して検査した、半年で成長していた腫瘤については、
先週の細胞生検の結果はやはり針生検の時と同じく、
「悪性の可能性を完全否定はできない」という非常にふんわりした結果でした。

が。

それとは対比的に、
先週「念のためにこちらも診ときますね」と細胞生検した7mmの小さい方の腫瘤の検査結果は

「悪性の疑い」

って、えらくはっきりと出てしまったのです。


その結果を聞いて思わず「ほへっ?!」と変な声出した私。
そして(後から聞いたら)聞いた瞬間大きくショックを受けてた夫。


そして、
「まさか小さい方が悪いとは思いませんでしたけど、
もしこれが本当に悪性だと、手術の手順が変わりますから、
申し訳ないけど、小さい方の針生検しますね」



…そりゃあ昔から「二度あることは三度ある」と言うけれど、
まさか3週連続刺されるとは、ですよ…。


そんなわけで、先々週同様、局所麻酔をかけた上で、
またもや太い注射で3ショット、ぷす、ぷす、ぷす。



(ちなみにこの検査すると、胸部に青タンができます。1~2週間くらい)



そして、肝心の入院説明やら手術に関する書類のサインやらですが、
「せっかく家族さんにも来ていただいて申し訳ないのですが、
今日の針生検の結果によって、手術の手順が変わるので、
次回、改めて説明させていただくことになります」
ということになったのですが。




悪性だろうが悪性じゃなかろうが手術は決定してるし、
とにかく3週連続で胸に針を刺され続けたことだけで疲れ果てて、
要らんことはあまり考えてなかった私に対し、


帰り道での夫の落ち込み具合がそれはもう半端なかったです(苦笑)。



「あーのーねー、手術するのは私やし!君のおっぱいが切られるんちゃうから!」
とひたすら慰めてたよ私ゃ(笑)。




この日の検査結果は翌週には出るとのことだったのですが、
この次の週の金曜日、私は既に所用が入っていたため、
担当医に「予定調整して来週来る方が良いですか?」
と一応たずねたところ、
「手術の日程はもう押さえてありますし、今回の状況から考えても、
結果によって手術日を繰り上げることはありませんので、
ご自身の都合を優先させていただいて良いですよ」
ということだったので、
次に結果を聞きに行くまで、2週間の猶予ができたのでした。



(今考えれば、ここで2週間あいたのが、
却ってよかったのかも知れません。私のメンタル的には)





まだまだ続きます。
posted by やすえ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

「がん検診」半年後経過観察通院・その2~4/7(金)え、またまた刺すんすか

そういうわけで、昨日書いた話の続きです。





4/7(金)。


MRI自体は初体験ではなく、以前に腰と頭部とで各1回ずつ体験済みですが、
造影剤を入れながら撮るのは初めてで、やや緊張気味に検査室へ。


以前のMRIの時は寝ている間に終わってたので、
よく言われる「MRIは音がうるさい」は実感なかったのですが、
今回さすがに腕に針が刺さっている状態では気になって眠ってしまうことはできず、
「MRIはうるさい」が実感として初めて分かったような気が。



30分ほどかけてMRI撮影が終了し、
さらに30分ほど待って結果が出てから診察室へ。

この日の担当医の説明は、
・先週のの針生検の結果は、「悪性の可能性を完全に否定できない」
・しかし今日のMRIの結果は「腫瘤認めず」
・良性であれば局所麻酔&日帰り手術も可能だが、悪性ならば全身麻酔&4日程の入院は必要
・なのでもう一度、念のために細胞生検しましょう

「細胞生検」は半年前と同じく、麻酔は必要ない処置ですが、
私としては、
(腕に針を30分も刺しっぱにされた上、2週連続で胸も刺すんすか…)
で、この時点で疲れが倍増したのですが、
まあ仕方がないので先週同様ベッドに横になり。


…で、この時に担当医が、
「そうそう、もう一つ小さい腫瘤があるので、念のためそちらも細胞生検しましょうか」

そうです。私も忘れていましたが、
半年で1.3mmから1.6mmに大きくなっていた、今回問題になっている腫瘤とはまた別に、
7mmほどの小さい腫瘤が、やはり半年前にもあったのです。
(小さい方は半年前には細胞生検せずでした、そういや)


注射は得意じゃない、というか、むしろ先端恐怖症の気があるような気もする私ですが、
1か所刺すのも2か所刺すのもこの際大差ないので、観念してついでに診てもらうことになりました。




この時点で、入院しての手術がほぼ確定したので、
手術室もこの日のうちに直近で空いている日(と言っても一か月先)を仮押さえし、
手術の説明や、書類への家族の署名も必要なので、翌週はできれば家族同伴で来院で、
ということで、この日は帰宅することとなったのですが。





続きはまた明日。
posted by やすえ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

「がん検診」半年後経過観察通院・その1~3/31(金)え、また刺すんすか

いっこ前にプロローグを書いたので、ここからが、今回の本編です。




前回の検査のちょうど半年後に当たる3/31(金)、
経過観察のため再び通院し、
マンモグラフィーと超音波検査を済ませ、
診察室へ入ったならば。


マンモは半年前と同じく異常なしでしたが、
超音波の結果、半年前に見つかった乳房腫瘤のひとつが、
前回の直径1.3mmからさらに3mm大きくなっていることが判明。


担当医の説明は、

・良性の腫瘤でも、大きくなるものは要注意
・大きくなってから悪性に変わる場合もある
・2cmまでなら局所麻酔で手術可
・でも半年で悪性に近づいていると手術手順が変わるので、
 今回はもう少し詳しく検査をしましょう

ということで、
局所麻酔のうえ半年前より太い針を刺して組織を採る
「針生検」という処置をすることに。

(胸部に麻酔なんてもちろん初めての体験。
感覚としては、歯科での麻酔に似てる気がしました)


私としては、マンモとエコーで再検査が済んで、
「特に変化ないから次は1年後ね」
でこの日は開放されるつもりで行ってたので、
半年経ってまた胸に針刺されるて!
(しかも前回より太いやつ)
と、この時点でテンションだだ下がりだったわけで。



さらに詳しく現状を確認するために、
この翌週、胸部MRIも撮ることになりました。
しかもこれ、造影剤を入れながらの撮影なので、
腕に針刺しっぱ状態で数十分と聞き、
さらにさらに、テンション下がりまくりで。



そのため、胸にぶっとい針を3ショットも刺したあと、
診察後に採血となったのですが、
これが、試験管6本分を一度に抜かれることに。

(担当医いわく
「何度も腕に針刺して採血するのも負担でしょうから、
一度で済むよう、今回だけ少し多めに採りますね」
とのことでしたが…どっちもどっちだったかも)

そして更に、次週のMRIで事前に必要な検査ということで、
耳たぶに傷をつけて血が止まるまでの時間を計ったのですが、
看護師さんに
「チクッ、バスッっていきますよー」
と言われ、
(え…「バスッ」て…??!)
と思う間もなく耳元に「バスッ!」




マンモ&エコーだけで済むと思っていたのに、
胸にも腕にも耳にも針を刺されてしまい、
予想以上に血液が減ってった一日でしたので、
夕飯にレバニラ炒めでも食べたい!と思いつつ、
とても帰宅してから作れる体力気力は残っておらず、
スーパーで焼鳥のレバー串を買って帰ったのでした。





半年前同様、担当医の診察は金曜午後のみなので、
検査結果は次週、ということに。


この日の段階で「手術」はほぼ確定っぽい言われ方をしましたが、
「入院」というワードが一言も出なかったので、
まさか日帰り手術か…?と訝しく思いつつ帰宅したのですが、
後から友人(医療関係に勤務)に、
「良性の場合は入院なしで手術する可能性大やな」
と聞き、それはそれでどうなんや??…という不安はあったのですが。

(でもまだこの時点では、おできでも取るくらいのノリだと思ってた)




ということで、続きはまた明日アップします。
posted by やすえ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

つくづく“まさか”の多い人生だなと~鬱以外の病気になってしまったのでその覚書きを

最初は普通の日記ブログだったのが、
そのうち“鬱闘病記”になり、
さらに近年は、メインのブログを他に設けたこともあって、
下手をすると年に何度かしか更新していないこのブログ。


ですが、ここへ来ていきなり、
鬱以外の健康問題が降って沸いてしまったこともあり、
しばらくの間、この場を利用して、
記録に留めておこうと久しぶりにログインしてみました。


言うてもそんなに珍しい病ではなく、
日本人の罹患率は比較的多い病気で、
逆に言えば、だからこそネット上に書いて置くことが、
単なる自分自身の覚書きだけでなく、
誰かの役に立つかもしれないな…という動機です。


現在ではメインの紅茶ブログの方がアクセスが多いので、
より多くの方に読んでいただくならそちらで書くのもありですが、
まあ言うても「紅茶」をテーマにしたブログなので、
分けられるならば、分けておこうと。

(ほら、リアルでも、喫茶店やと思って入ったら病院やった、
てなことになると、初めて来はった人が混乱しはるやんかということで)




ただ、前提としてのお話は、
うっかり半年前に紅茶ブログの方に書いてしまったので、
今回の顛末を初めて読まれる方は
“前回のあらすじ”ということで、こちらをまずご覧ください↓

がん検診の結果が「要精密検査」と言われてから今日までのこと

(注意:かなりの長文です)




…よく考えたらこれ、このブログのひとつ前のエントリの少し前の話で、
検診の精密検査へ行った後の反動もあって、メンタル不調になったのもあったのか、
と、今思い出したりしています。



それでは明日から少しずつ、
“前回のあらすじ”以降の通院&入院&手術記をしたためていきます。
乞うご期待!?
posted by やすえ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする