2015年11月08日

今、こんな状態です。取り留めないけれど。

前回の更新から2週間も経っているのに、
全く以って鬱からの回復の兆しはなくて、
むしろ酷くなっている気がする今日此の頃。




この季節、特に夕暮れ時が無性に辛くなる、
ということもあったので、
夏に1ヵ月半働いた現場での短期業務の話が来た時には、
働いてたら気が紛れるかなあ、
と思って受けることにしたのだけれど、
特にここ2週間ほどは、退勤の時刻がほぼ日没で、
日が沈んだ直後の夕焼けの残像残る空をバスの窓から眺めていたら、
涙が止まらなくなったりとか。




日常のふとしたとき、
特に夜眠りに落ちる直前なんかに、
過去にやらかしてしまった数々の失敗が脳内にフラッシュバックして、
心がちぎれそうに辛くてしんどくてどうしようもなくなるとか。




鬱というやつは、認知を歪ませる面もあり、
自分の認知が歪んでいるという自覚は、ある。




あるけれど、
どうしようもない状況もあるわけで。




過去と他人を変えることができないってことくらい、
ちゃんと頭の中では理解しているんだけれど、
勝手に脳内リピート再生するのが負の記憶ばかりだし、
これだけ頻繁にフラッシュバックすると、
著しく自尊感情が萎縮してしまう
(というか、自尊感情が萎縮してるからフラッシュバックが起こるのか)。





広義での自傷欲求も止められないし、
ちょっとしたことで泣けてしまうし、
何に対しても興味が向かなくなってるし、
そもそも、楽しいって感情がどんなだったか今わかんなくなってる。



少し前に連れ合いから
「何でも食べたいものご馳走するから考えといて」と言われて、
何にも食べたいものが思い浮かばない、
という状況があって、
これは、少し、いや結構悪い状態では?
と思わなくもなかったのだけれど。





先週末も、今週末も、
殆ど外出できず引き籠りで過ぎてしまったり、
あと、人としてどうなん?というレベルだけれど、
お風呂に入れない、ということも頻発。
週末は何日パジャマ着っぱなしやねん、という。






それでも、細々とこういうところで文字を綴るのは、
言葉にすることで、今の自分の現状を、
自分で理解しようとしている、というところ、だろうか。








…と、ここまで書いて、
今の状態って、11年前と似ているのでは?と思い、
しばし、過去のブログを遡って読んでみて、
やはり、記録に残すということは大切なのだと再認識。






このままあまりに状況が好転しない様子なら、
通院も視野に入れるべきか、とは思いつつ、
8年通った精神病院は、
いちばん私の状態を知っていた主治医は既に退職されてるし、
かと言って、11年前に初めて掛かった心療内科には行きたくないし、
病院探しからしなきゃなのがこれまたしんどい限り。

いずれにせよ、医者に掛かるとしてもバイトの給料日である今月20日以降になるのは間違いないのだけど。






ともかく今はただ明日へ生き延びることが日々の目標、
というのが、辛うじて手放さずにいられる数少ない希望、ではある。
posted by やすえ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする