2011年04月15日

社会不適合者?

…の疑いを、自分にかけている。






仕事ができるとか、そういうこと以前に、
社会で生活していくに当たって、
常識が無いとか、心配りができないとか、
いわゆる「空気が読めない」とか。





しかもそれが、
昨日今日に始まったことではないのです。






後から冷静に考えたり、
他者から指摘されて初めて、

「ああそうか、
 その言動はマズかったのだな」

と知るのだけれど、
その時には全く気付いていないというか。






たとえば、
「まあ、ぶぶ漬けでもどないどす?」
と言われたら、
「え、いいんですか?
 ほな、よろこんで♪」
と、お代わりまでするような奴なのですよ、私は、
ってことを、今更ながら思い知った次第で。


(しかも、「いいんですか?」←この時点で自分なりに気遣い完了のつもりになってる)






派遣で働いてる分には、
「あの人、変わってるから」
で片付けられるかもだけど、
直接雇用で一つの会社で働くには、きついよな。





思い返してみれば、確かに以前にも、
社会的な常識を分かってない、ってことで、
先輩や直属の上司に“注意”を受けたことも、いっぱいあるわ。
(所長が来られたら立ち上がって挨拶するとか、
 出されたお茶を飲んだらそのコップは自分で洗う、とか)









実際にはまだ受けてないのですが、
話を分かりやすくするために書くと、
いっこ前の記事でふれた、とある検査というのは、
ADHDの検査です。


(ADHDって何?という方は、グーグル先生にきいてみてください)




もうずっと以前に「片付けられない女たち」という本を読んだ時、
いたく共感したことがあるのですが、
その後、なんとなく、うやむやにしてしまってて。


精神科にかかるようになってから、
もうすぐ6年になるけれど、
「うつ」や「パニック」だけでは、
自分の状態が割り切れないという思いが、
特にここ半年ほど強く。


そんな折に、改めてADHD関連の情報を見てみると、
自分の性格や言動に当てはまる項目がたくさんあり、
(実際、たいていのチェック項目の殆ど当てはまります)
自分が何者かを改めて確認するために、検査を受けたいと思った次第です。



…って言うか、これって、カウンセリングの時もそうだったけど、
精神科の専門の病院なんだから、そういう検査もできるってことを、
もっと早く気付けよ、私、っていうとこなんですが。



主治医には
「ADHDという診断はされないこともあります。
 (だから診断されなくても、がっかりしないでね)」
とは言われてるのですが、
ついでに言うと、アスペルガーの特徴も持ち合わせてたりするので、
何らかの診断がなされるんじゃないかという気はしてます。

(たしか、「片付けられない女たち」の訳者の方も、
 検査を受けたら、ADHDではなくアスペルガーだと分かった、
 ってな記述があとがきに書かれてたという記憶が。あやふやですが)





もし、何らかの障害の診断をされても、
それを免罪符にする気はないです。
ただ、今後の生き方の方向を考えるのに、
私にできること・できないことをはっきりさせたい、
その上で、できないことをカバーする方法を知りたいのです。


目が不自由な人が、白杖や点字を使うように、
耳が不自由な人が、手話で意思疎通を図るように、
足が不自由な人が、車椅子で外出するように。


「できない」という不便を、
できる部分を使って、解決できるなら、
もう少し、生きやすくなるんじゃないか、
って。



検査を受けることが、
今の私の、一筋の希望の光だったり、してます。
(病院側から日程についての話がなかなか来ないのが
 かなりもどかしいとこだったりしてますが)








…ほんというと、
(先日も書いたけど)
今、ものすごい鬱で、
仕事の日だけじゃなく、休みの日もなかなか起き上がれず、
訳もなく泣きそうになるし、
だるくて家事も満足にできてないし、
仕事がちゃんとできてるか、なんて、
もう自分を客観的に判断とかできないし、
帰ってきても、疲れてお風呂に入る気力すらないし、
いたずらに食欲だけはあるし(過食に走ってる)、
布団に入っても、
「おまえは役立たず」
「社会不適合者」
ってな声がどっからか聞こえてくるようで、
なかなか寝付けないし、
寝ても、何度も夜中に目が覚めるし(←これは花粉症で鼻がつまるからだけど)
疲れが取れないまま朝が来て、
なかなか起き上がれないし、
の、無限ループ状態になってて。


ああ、日本が大変な状態になってるのに、
なんで私は、一人勝手に大変な状態であっぷあっぷしてるんだよ、
って、自分にツッコミ入れまくりの日々。






ふぅ。
posted by やすえ at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年04月08日

動揺する心もち

ものすごく混乱してます。



ってのが、現状の私だろう。





昨日、精神科の診察日でした。




診察室へ入った瞬間、主治医に心配されました(苦笑)。




生命エネルギーが、相当落ち込んで見えたそうです。

それは、間違いではないです。







説明が難しいんだけど、

・仕事内容の変化
 (今いる発信業務のコールセンターで、受信業務も担当することになった)
・ちょっとしたオーバーワーク
・今回の大震災
・パートナーが今春の人事異動でも関西に戻らないこと

が、絶妙に絡み合って、私の精神を苛んでます。ぴしぱし。




社会情勢に精神を苛まれるってのもどないやねん、やし、
診察の時にも
「私が勝手に大変な気持ちになっちゃってるだけですから」
という言葉を発した私だけど。




実際、職場でも、
被災地域への電話を架けなきゃならない
(中には「震災で本人亡くなりましたから」と返された郵便物に対し、
 解約手続きの為に家族へ確認の電話を架けなきゃならない案件もある)
とか、
直接の被災はされてなくても、
「震災の影響で、郵便局が再配達を受け付けてないんですよねー」
と、首都圏のお客さんから文句言われたり、とか、
今までの業務よりも神経すり減ること多いです。



そうでなくても、
震災直後、報道される地名に、
「その住所のお客さんで、過去に架電した人たち、
 いっぱいいるんですけど!!!」
ってだけで、かなり気持ちが動揺してたりして、

感受性を押し殺して仕事しなきゃ、
職場で泣き出しそうだから、
業務中は、冷静を保とうとしてるけど。




毎朝、目が覚めて、
毎朝、仕事行きたくねー、って思ってしまう。







JR福知山線事故の時に、
確か同様の心身不調があったな、と思い、
このブログの過去ログを読み返してみたけど、

書いてるのを読む限り、酒量がひどいわ。








今日は仕事が休みなので、
落ち着こうとは努力してるのだけど、
朝から降り出した雨に、気持ちはどよどよ。






加えて、昨夜、ちょっとしたことで、
本気で心掻き乱されて、
ヤケ酒ならぬヤケ食いで、胃が焼けてる感じがします。
ついでに、この時間でまだパジャマだし。
髪の毛も寝ぐせ爆発だし(それは普段もだ)。
燃えるゴミも出せなかったし(それもいつものことだ)。








自分が立て直せるのは、いつだろね、私。








そうだ。
精神科のことで、メモ。
近々、とある検査を受ける予定です。
場合によっては、今後の私の指針となるかも。
また、書けたらここで書こうと思います。
posted by やすえ at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) |