2007年02月20日

昇ったり降りたりまた昇ったり

年が明けてから感情が忙しい。


特にここ10日あまりは、何度もジェットコースターで急降下と急上昇とを繰り返している心地だ。


天国と地獄とを2回ずつぐらい見ているんじゃないかな。



喜怒哀楽、どの感情もフル回転。

それでも、どこかしら爽やかだったりするんだよ。


それだけ、自分自身に対して正直に向き合えているのかな。



とにかく。

果てしなくマイナスの世界で倒れていたのが、
今、やっと、0地点まで来れたんじゃないかと感じてる。

あとは前へ進むのだ。

道はまだ平坦じゃなくて、
また昇ったり降りたりを繰り返すんだろうけど、
私は上り坂を厭わない。




続きを読む
posted by やすえ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年02月16日

結局、胃

…に振り回された一週間。
どんだけストレス溜めてんねん。


胃薬で抑えててええんかなぁ。
でも胃腸科行って胃カメラ飲んでも、また
「胃炎です」
って言われて終わりな気もしたり。
(前回飲んでからまだ4ヶ月ぐらいしか経ってないよなー?)


そのせいか、ほんのちょっとだけ体重は減りました。
でも体脂肪は増えました(あかんやん)。


胃といえば、先月のSCRAP文作りコンクラーベで、こんな作品が。

 生まれたとき/渚で/小学一年生の女の子が/胃を/埋めた

胃痛に苦しみながら思い出すとなかなかシュールだわ。


来週の私は胃の呪縛から解き放たれるのか?!
乞うご期待!
posted by やすえ at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年02月15日

いえんはつづく

前回の日記をあげてから、胃炎は断続的に継続。


まぁ、思い当たる節はないでもないですが。


雪振る前に春一番って、ちょっとどないやねん最近の天候。



ヤヴァイ。

何か色んな意味でヤヴァイ。


ってか明朝は通院日じゃあなかったっけ?
なんでこんな時間まで起きてるんだか。



眠れない夜もあんねん。
それが割と頻繁なのが困りモノ。
posted by やすえ at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年02月11日

それはいえん?

夕方頃から胃が痛い。


週末のスーパーは人が多すぎて、
それ見るだけでも今の私にはプレッシャーのようで、
軽くパニック起こしかけながらも、
とりあえず花粉症用のマスクを購入して帰宅。
(化粧崩れしないよう、立体型のが欲しかったのだ)


もしかしたら空腹で胃が痛いのかも、と思い
急ぎ夕食を用意したけれど、
途中で放棄するぐらいの胃の痛み。
(あ、後で全部ちゃんと食べました。さすがこれ「食いしん坊日記」だ!)



人ごみに出ただけで神経性胃炎かいな。

何に対するプレッシャーやねん。



やっぱり寝る前に胃薬服むべきかなあ。

ガナトンと陀羅尼助丸、どっちにしよ。
posted by やすえ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年02月09日

思い出した

書こうと思ってわすれてたことのいくつか。


一週間ぐらい前の話なんだけど、
ラジオから聴こえて、ああそうかと思ったこと。

「いちばん面倒と言うか、大変そうなことからやってったらいいんだよ」

それをついつい先延ばしにして、結果あっぷあっぷしてる身には新鮮にきこえて。

確かに、しんどいことを先にやってしまえば、後はそれより楽なことをすればええねんもんな。


…ということで、ここ1週間ほどできるだけ“面倒なこと”から手を付けようと努力してるけど、人生そんなにもスムーズには行かないもんです。

でも、少しずつ、少しずつ、周りの環境が動き出した気がする。

自分が動けば、動くもんなのかもな。


登録してる事務所からの仕事情報メールで、ここ1年ほど確実に避けてた業務に、何故か応募してみたりして、ボコボコに凹んだ自分の自信を何とか回復しようとしてみたり。

多分、実際に業務に行ったとしても、きっと精神的にはスムーズにいかないだろうけど、何となればパニック発作に対応できる薬もまだストックがあるし、どうなるかなんてやってみないと分かんないし。




平行して“モノを書く”修練も少しずつ行ってる。

こちらはともすればとても孤独な作業で、時に自分との戦いになるし、ここ1年の私はその戦いに負け続けて今に至る訳だけれど、最近はそんな自分を少し客観的に見たりすることもできているように感じる。

自分に対して、不必要に厳しく考えすぎて、不用意に甘やかし過ぎてたんだなと。


少し前に、旅先でふらりと入った本屋で見つけた
『ほぼ日刊イトイ新聞の本』
の、
「できるまでやめなければ、できる」
という一文に、後頭部で爆竹鳴らされたような衝撃を受け、私がやってできないって根拠なんてない、と妙な自信が湧いてきたりした。
49歳で初めてインターネットに触れた糸井さんが、今では一日100万アクセスのホームページを作り上げてるんだから、37歳の私がここで逆転ホームランを打つことだって、やめてしまわなければできそうな気がしてもいいんじゃないか、と。



そんな風に、私自身の気持ちの状態が変わってきたことで、周りの風景の見え方が、ぐんと変わってきたようにも感じてる。




あとは、これは今年に入ってすぐからだけど、時々、大阪まで自転車で行ってる。
うちから梅田までが約14キロ、なるべく道の状態の良い幹線道路を走って約1時間。
友人知人にそれを言うと「え!?」という反応が大半だけれど、自転車で大阪まで行くようになってから、心身ともに調子が良くなってきてる。
さすがに雨の日には走れないけど、自分の中でちょっとした自信になってきてるし、行動範囲の自由という意味でも、これは素敵な一歩じゃないかと思ってる。
ただ、買い置きの電車の回数券が、有効期限が切れてしまわないかの心配ができちゃいましたが、それはそれで何とでもできるので、しばらくは風を感じつつ颯爽と走る私でいよう。



昨日、出かけた先で歩いていたら、白と紅の梅の花を見た。
時折、風に吹かれて仄かな香りが鼻をくすぐり、春の訪れを感じる。

そろそろ花粉症の心配も出てくる時期だけれど、こんなに春を心待ちにできるのは久しぶりな気がする。
posted by やすえ at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年02月08日

私に起こる出来事はきっと全て必要なことなのかもしれない

「魔法の杖」という書物がある。


何かに思い悩んだ時、その書物を開けば、そこに書かれている言葉が解決の糸口を示している、といった、一種の占いの本なのだけれど、私の毎日の生活の要所要所に、そんな「魔法の杖」のような暗示が、実はものすごく的確に現れてくれている気がする。



私がきっと心の底で欲したことが、
いつも絶妙のタイミングで私のところへ届くのだ。




私が父のように尊敬している人の最近の日記のひとこと。

「泣く準備のないやつに、ほんとの笑いがやってくるもんか」


私が師と仰ぐ人から最近届けられたメルマガのひとこと。

「落ちることなくして、上がるだけなんてウソっぽくてつまんない」



この2つのメッセージがほぼ同時に私に届いたことも、きっと「魔法の杖」なのだろう。




言葉ってやつは、抽象的で、不確かで、
時に私を不安のどん底に突き落としたりするくせに、
こうやって私を救い上げたりもするんだよ。

だから言葉を繰ることをやめられないのだろうな。


そしてこのブログだって、誰が見てくれてるかわからないけど、
こうやって書き続けたりしてるんだろう。



月の悪阻の割には、珍しく心が清清しいので、
今のうちに、良いことをたくさん頭の中に浮かべておこう。
posted by やすえ at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年02月07日

体に血が足りない。

…ってのは、昔好きだったバンドさんのMCのキャッチフレーズでしたが(←かなりの楽屋落ちネタ)、

現在、血の気不足の私。


昨日から、そこはかとない体調不良
(のどの奥が風邪っぽい?)
だったので、

「もしやインフルエンザでは?!」

と戦々恐々としながら眠りに就き、

今朝起きてみたら、“月の悪阻”でした。


(毎回毎回、「頭痛」「吐き気」「下腹部鈍痛」「だるさ」などの様々な体調不良が一緒にいらっしゃいますが、「風邪様の喉の不快感」までやってくるとは…)


インフルエンザじゃなくて良かったけど、身体はめっちゃ重いです。

いつもなら、自分で言うのも何だけど、“翼の生えた靴”を履いてるかのような身の軽やかさを発揮できる瞬間があるのだけれど、
今はとにかく重金属のように身体が重い。

(…確かに正月以降で体重も増えてますが)





こちらに書きたいことがいくつかあったのだけれど、
そんなときに限って、seesaaがメンテナンスに入ってて、
復旧した時にはもう何を書きたかったを忘れてた。
忘れてたってことは、それだけのことだったんだろう。
って思うことにしよう。

ブログの画面は変化ないけど、seessaaの管理画面はびっくりするぐらいリニューアルしてて、私が追いつくのには時間がかかりそうです。
何だかポップすぎる気がするんですけど。
(他のseesaaユーザーの皆さんはどう思ってるんだろ)


それより私の最近のプチブームは、
ブログペット(このブログの右サイド下部)がいつのまにか「ひみつ日記」を書き始めたことです。
ついつい見に来てしまう、親(?)バカな私。



身体は重いけど、気分は軽やかに書いてみたつもり。
心には翼の生えた靴をいつでも抱いていよう。
posted by やすえ at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2007年02月01日

BGMはスロウ

言えなかった言葉は、どこまで持って行けばいいのだろう。



2月になりました。

実は(という程大したことでもないけど)バイト再開してます。

客観的自覚のないまま、おそろしく調子を崩してしまった昨秋以降、
朝、自分が望む時刻に起きられない、恐怖にも似た状態が続いていたのだけれど、
今年に入ってようやくリズムが何とか戻ってきたようで、
目覚まし時計の音が、寝ながらでも聴くことができるようになってきた。

ので、朝6時台に起きなきゃいけない現場でも、行けるかな、と。

(元々、寝起きは悪くないはずなんだから。
 動力は太陽電池!と言い切るぐらい、明るい時間帯が好きで、
 朝焼けを見るとわくわくする性格だったはずだもの、私)

でも、復帰一回目に行った現場で8時間がんばったら、次の日、体中が筋肉痛で目覚めてから3時間ぐらい布団の中でうめいているというナサケナイ状態ではあったけれど、でもちょっとだけ、何とかできそうな気がしてきた。


精神科でその旨報告したら、
「2週間に1日ぐらいのペースでもいいから、頑張り過ぎない程度に」
というアドバイスだったけど、ここで頑張りすぎたら、また1年ほど前みたいに

 頑張る割には収入が低いストレス
   ↓
 やけ食い
   ↓
 激太り!

なんていう悪循環スパイラルに陥る危険性もあるので、
今登録してる派遣会社に多大な期待は端からせずに、
リズムを整えることをまず目標にしようと思う。





夕方、ある歌を聴いて。
ちゃんと言えなかった「さよなら」について回想してた。
終わらせるべき時に終わらせることができなかった想いを、
どうやったら、昇華できるのか、今の私には解らないけれど。

答えは見つかっているのに、そこへ辿り着くことをどこかで拒んでいるのかな。

今でも、

…ううん、言わずにいようか。
posted by やすえ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |