2006年09月29日

まる一週間さぼってました。

ちょっと書く気が起こらなかったらしい。

他のブログは更新しとんのにね(苦笑)。


とりあえず、簡単に時間軸順に。


23日。

西部講堂にてプレッ!ボロフェスタ!!!
朝起きた時点では、正直、生まれたての小鹿よりもヨタヨタ状態で、阪急の駅まで歩けず、JRで京都へ向かい、そこから京阪七条まで歩く気力もなく、10年ぶりぐらいに京都の市バスを利用。
それでも、西部講堂に着いたら、何となくエンジンかかってきた。

忘れてたけど、私、うかつに走ったら過呼吸起こすんで、走っちゃならんかった、ってことを、うっかりダッシュかまして思い出したよ。

イベントは楽しかったんだけど、ちょっと無理すると軽いパニック発作を起こしそうな気配もあったんで、無理ない程度のお手伝いをさせていただきました。
若いボランティアスタッフの皆さんとも、色々喋れたりしたのは、良かったな。

その後、玖伊屋へ、こちらは途中参加。
スタッフさんは皆さん翌朝が早かったようで、結構早目におやすみになられてましたが、その割には何人かの参加者の方々と、それなりにお話できたので良かった。
昼間、西部講堂でも感じた事なんだけど、イベント事ってのは、まず楽しまなければできないし、長続きしない、ってことを何となく思ったりしつつ、就寝。



24日。

九条からほてほてと歩き、途中で適当に休息を取りつつ、西院へ。
(この日は歩く気力が復活したらしい)
その後の模様は、こちらなどご参考に。
さらにその後、大阪ミューズへ415号室のワンマンライブを観に行ったりしたのだけれど、こちらは元々ミクシィ絡みなんで、詳細はミクシィの日記に書いてます。



25日。

うっかり派遣の現場を引き受けてしまい、10時15分〜19時15分、ゆでたまごと戯れる現場へ。
その後、自分でも信じられない勢いで荷造りして、東京行きの夜行バスに乗り込む。



26日〜28日。

あすなろ関東ツアー。
詳細は
こちら
こちら
こちら

実は体調が万全な訳ではなく、めまいと吐き気(というかゲップが抜けず苦しい)って感じで苦しんでたけど、今回はずっと友人が一緒だったんで、精神的にはかなり助かってました。



29日。

…今日か。

今朝、夜行バスで帰ってきて、とにかく溜まってたメールをひたすら処理。
(東京へはPC持参だったけど、とてもじゃないけど現地で自宅と同じ仕事はできないわ)
夕方、久々に整骨院へ行って、凝り固まった身体を少しほぐしてもらったのだけど。

その帰りに立ち寄ったコンビニで、狭い通路でおっちゃんとすれ違おうとして、お互いに避けようとして結果お互いに道塞ぎな状態になっちゃったんで、
「あ、すんません」
って私が言いながら行き過ぎたら、
舌打ちと共に何やら小声で文句を言われてしまい、そこで感情が暴発。
帰り道、自転車で爆走しながら、声上げて泣きながら15分ぐらい走り続けるはめに。
何かもう、我慢ならなくて、しまいにはしゃくりあげながら泣いてたから、すれ違った人はびっくりしただろうけど、そこまで気遣いできる精神状態ではなく。

でも、夕飯を作るのが果てしなく面倒になり、スーパーへ立ち寄って惣菜買ってレジで清算済ます頃には、しゃくりあげるのは止まってました。

我慢しないで感情を垂れ流しにするのは、早急に立直るためには必要なのかも知れない。

でも、本気でおかしな人みたいやな。こうやって書いてみたら。
ま、おかしいのは前からやし、まあええか。


で、明日、いきなり朝5時起きの現場が入ってしまったんで、できるだけ早目におとなしく眠りに着きます。

無事チャリ通勤するためにも、明日は晴れてくれ。
posted by やすえ at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年09月22日

とびとび

結局一日置きに日記書いてるね私。
世の中の時間の経過に既について行けてない気もしたりして。


21日。

精神科の診察日。
本当にこのブログの直近7日分をプリントアウトして持ってってみた(苦笑)。

そうそう、実は20日の続きをちゃんと書いてなかったのだけれど、20日は軽い躁状態になっていたのかも知れない。
実は21日午後からちょっと反動が来て、しんどかったり。

薬切れが悪いのか、朝起きにくいことを診察時に相談したら、
先週出てたメイラックス錠1rを、
セディール錠10rに置き換えて様子を見ることに。
ベンゾジアゼピン系のお薬は、どうしても眠気・ふらつき・めまいなどの副作用がついて回るので、
「薬の持続効果がやや短めのものに変えて様子を見ましょう」
ということなのですけれど…


22日。

起きれませんでした。
目は何となく覚めているような気がしたのに、
身体が全然覚醒しなくて、
寝てるのに立ちくらみしてるよ私。
ってな状態。

とにかく服薬のためだけに食事を取るという本末転倒な一日。

薬のせいなのか、
薬が変わったことのせいなのか、
現時点では判断下せないから、
下手に服薬間隔変えるのはアブナイし。

でも、明日は何が何でも、9時には西部講堂に行かねばならないんですが(泣)。


それでも、去年の今頃のことを考えたら、ずいぶん人間に近づいてきているんですけれどね。
去年の秋は、10月に入るまでホンマ果てしなく廃人に近かったし。


とにかく。
明日遅刻しない為の手段を、ない知恵絞って考えよう。
posted by やすえ at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年09月20日

またタイムラグ。

9月19日。

ちょっと記憶があやふや。
でも燃えるごみを出せたので、それなりに早起きできてたはず。

午前中に受信メールの処理をちゃんとできた場合、
午後3時〜6時頃が、かなり文章構成するのに効率の良い時間帯になるのかも知れない。
だとすると、整骨院通いは何時ごろが適当な時刻になるのだろうか。

夜間も書き出すと脂が乗るのだけれど、そうすると生活のリズムが確実に崩れるので、何とか良い作業リズムを作ってしまいたいもんだ。
いっそのこと、学校のチャイムみたいにできたら良いのだけれど。

結局夕方整骨院へ行き、その足で実家へ寄って、夕飯ごちそうになり、帰ってバタンキュー。


20日

胃カメラの予約を10時でお願いしていたのに、目が覚めたら結構笑っちゃう時刻で慌てる。
そんな訳で、胃腸科へ付いて血圧測ったら上120/下80と、人並みの血圧だったよ。
この病院では4年前にも胃カメラ飲んでるんだけど、少し前から保険の関係で鎮痛効果の高い麻酔薬の調合が別料金になったとかだったけど、規定内の麻酔薬で充分だったって。
今回は胃カメラ飲んでる感触こそ記憶にあるけど、10時過ぎに検査室に入って、正気に戻ったのは正午過ぎだったもん。

ちなみに検査結果は言えん、いや軽めの胃炎でした。
実は先週実家に帰った時、たまたま「たけしの本当は怖い家庭の医学」みて、
“ここ一連の胃の不調、もし胃がんやったら…怖っ!”
と思って胃カメラ飲んだっちゅーのに(笑)。
まー、涼しくなってきてから、食欲はびっくりするぐらい落ちてたけど、
それを上回る勢いでびっくりするぐらい体重は減ってなかったもんな(苦笑)。


精神的には、かなり回復してきているような気もする。
やはり何かしら、目標を持って、それに向かって計画して行動を起こす、
ってのが、効いているのかもしれません。


明日は精神科です。
いっそこの日記の今週分の記録をプリントアウトして持っていくのが一番良いのかも…^^;
posted by やすえ at 19:24 | Comment(2) | TrackBack(0) |

2006年09月19日

二日分まとめ

9月17日。

起床9時。
だんだん早く起きれるようになってきた。

ただし、食欲が著しく、わかない。
出されれば食べれるのだけど、自主的に食べたい気がなかなか起こらない。

とにかく、薬を規則正しく服むためだけに、3食たべてる気がする。


18日。

8時半起床。
メイラックスの副作用は、徐々に少なくなってきたのか。

久しぶりに、やや大きな声で好きな歌を歌ってみて、気持ちよかった。

夕方、ロボピッチャーのレコ発ライブに行ってきた。
詳しくは「三度の飯」に後日書こうと思うけど、ライブ後、ものすごく久しぶりに、健全に食欲が出てきた。
何にせよ、よかった。

明日の明日までは分からないけど、生きていこう。
私にしかできないだろうやり方で。
そう、思った。
posted by やすえ at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年09月17日

本日は晴天なり

軽い更新テストです。
posted by やすえ at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) |

馬車がカボチャに戻る時刻

…を過ぎましたね、見事に。

さて、9月16日の私。

一応8時過ぎに一度目は覚めたけど、身体が覚醒したのは10時過ぎ。
メイラックスの副作用かいな。
それでも、身体が動き出す時刻が少しずつでも早まってるので、まだ救いはあるけれど。

何となく洗濯など済ませたのはいいけれど、台風来るのに取り込んでないよ。

気分は、少しずつマイナスから0に近づいている心地。

知っている人と話をすることが、とても重要かもしれないとも思う。


1時までには寝よう。
posted by やすえ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年09月15日

今日の私

あやうく日付が変わってしまうところでした。まにあった(かな)。


今日目が覚めたら11時。
朝がなかった。

とりあえず軽く朝食を取り、薬を服み、メールの返信など。

昼過ぎ、実家から電話があったので、カレーを食べに行く。

それから整骨院へ行き、一駅先の胃腸科へ行って、胃カメラの予約。
来週水曜に内視鏡検査です。

とにかく眠いのは、多分、薬の副作用だろうなぁ。


あ、今、
ロボピッチャー「アリバイと40人の盗賊」
聴いてます。パソコンで。
最近のパソコンって、CDも聴けるんやぁ!(←遅)

…これ、ほんまええアルバムなんで、機会があればぜひ聴いてほしいです。
こちらに簡単(?)な私の感想も書いてみたりしたので、お時間ある方はお立ち寄りくださいませ。


ではおやすみなさい。
posted by やすえ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年09月14日

備忘録ついでに。

しばらくの間、ちょっとこまめに更新しようかと思う。


漠然とした絶望と焦燥の中で何となく朝が来て、身体がだるくて動かないまま…精神科の受診に遅刻しました。

それで静かにパニック起こして、いろんなことがダメになった気が。


ここ2週間ほどの不調を、精神科で報告したところ、薬が増えました。
メイラックス錠1rを、朝夕1錠ずつ。

トレドミンと同時に服用してもよい抗不安剤だそうです。

これで、向こう一週間の精神状態の推移を見ようということになりました。

加えて胃の不調については、一度内視鏡検査を受けても良いでしょうということになったので、行けそうなら明日にでも胃腸科へ行ってみようと思います。


とにかく今日は一日中からだがだるくて重くて、しんどかった。

明日はどうだろうか。

とにかく、今日は早目に眠ろう。
posted by やすえ at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年09月13日

ここしばらくの私

鬱でした。

以上。



…もうちょっと詳しく書きます。

こないだの日記を書いたあたりから、喉の調子が風邪っぽく、翌日かかりつけの内科へ行き、薬をもらってきたのだけれど、どうもそのあたりから鬱が嵩じてきて、3日ほど完全な引き篭もりになってました。
風邪をきっかけに、心がボッキリと音立てて折れてしまったようで、何か事件が起こったわけでもないんだけど、郵便物を階下の郵便受けに取りに行くことすらできないぐらい、ダメな人になってました。

週末はそれでも何とか気力で外出できたのだけれど。

月曜日が、もうダメもいいとこで。

生理が始まって、今回頭痛が酷かったのだけれど、頭痛の合間に感情的な波が怒涛のように押し寄せて、涙が溢れて止まらなかったのには参った。
ニュースなどで、アメリカの同時多発テロに触れるものが多かったのが引き金になって、あの瞬間の映像をたまたま見てしまってた私は、フラッシュバックして軽いパニックになってたみたい。
加えて、夏から秋は、身近な人たちが亡くなった季節でもあるので、ちょうど今ぐらいの気候を身体が記憶していて、余計に情緒不安定になるのだろうか。

頭痛が酷かったのは、もしかすると自己防衛本能で、これ以上感情を荒立たせないよう、考え事をする余裕をなくすためだったのかもしれない。
とにかく月曜は泣いて、寝て、泣いて、寝て、の繰り返しで過ぎてった気がする。
身体も鈍い生理痛で、どっちみち起きてなんかいられなかったけど。


今日は、ちょっとマシだったかな。


こんなこと書けるってことは、だいぶ浮上してきたってことか。


あ、私が鬱だ鬱だと書いているのは、備忘録の意味もあるので、あまり心配しないでいいです。
自己愛&自己顕示欲のものごっつい強い私が、習慣的に書き留めておけて、家の中で書いたものを失くしたりしないで、後から思い立って読み返すのに、ブログという手段がまま適しているかなというのもあって。
果たして初めて鬱で病院の門をくぐった2年前と比べて、今が少しはマシになっているのかどうか、読み返してみて自分でも何とも言えないけれど。

せめて月が満ちていくように、毎日少しずつでも上向きになれるといいのだけれど。


色々と書き留めておきたいことはあるけれど、それはまた追々書いていくことにしよう。

色んなことに自分で制約を付け過ぎたので、ここはむしろ制約なしに書ける場所にとっておきたい。
posted by やすえ at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2006年09月05日

日記は更新してなくても生きてます。

先月は結局2日しか日記を書いてない。
これでは「日記」とは言えないのではないか。

余談だけれど、どちらも自宅以外から投稿したものだったりする。


この夏の私。
「3歩進んで、2.8歩下がる」
夏だった。

相変わらず鬱だし。


ただ、北海道へ行ったことは、確実にプラスになっている。と思う。

どういう訳だか、
「郊外型フェスは、慣れてる人に引率してもらわないと行けない」
という根拠のない思い込みがあったのだけれど、
実際にRSRへ行ってみたら、基本一人行動でも何とかなった。
テントも自力で張れたし、張ってみたら意外と簡単だったし。

今回のことに限らず、そして私だけじゃなくて多くの人が、
“私には○○はできない”
という、実は根拠もない思い込みがあったりして、
それで挑戦する前から
「できないし〜」
って諦めたりしてることが、実は日常に積み重なってってるんじゃないかな。
でも、過去の経験から推測して諦めていたことでも、
現在の私が、現在のあなたが、
“絶対にムリ”
とも言い切れないんじゃないか、と。

本当は、取り掛かってみて失敗するのが嫌だし面倒だから、
「でけへんわ」
と言い訳してやってみようともしてないんじゃないかと、
今回うっすらとだけど、身を以って感じた。

もしかしたら、できないと思って諦めてたことは、
やってみたら、意外とスムーズに運ぶのかも知れない。


暑さが蔭ってきた先週ぐらいに、また軽いパニック発作を起こして落ち込んだりもしたけれど、
夏の初めと今とでは、差し引きで0.2歩は前進してると思う。
思わせてちょうだい。
それでまた足が前に進もうとできたら、それでええやん。


そうそう、定期購読しているあるメルマガに、
以前の職場の上司が貸して下さった本のことが書かれてて、
改めて、肩の力を良い意味で抜くことができた気がする。

「変な人が書いた成功法則」

「人生に困ったことは起こらない」し、「みかんはみかんのままで良い」のだよ。



ここ数ヶ月、漠然と感じているのは、
「あなたの存在が、未来への不安を感じさせなくしてくれる」
という人になりたい、ということ。
実は半分は達成できているみたいだけれど、
できれば「本物」になりたいので、
そのために精進しようと思っていたりする。

みんな必ず年を取っていくのだけれど、
年を取ることに絶望しない人生を送ろうよ、
というメッセージを、私の存在そのものが放っていけたなら、
いいな、と、今は感じている。
posted by やすえ at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) |