2006年06月25日

そして近況

トレドミンの服用を開始して10日経過。

最初の3日間に比べると、随分ましになったとは言え、
“呑んでもないのに、毎日もれなく吐き気と目眩が付いてくる♪”
日々であることは間違いありません。

もういい加減
「気持ち悪いーm(--#m)~」
という独り言も言い飽きてきたので、
思わずギターを引っ張り出して
「まわるーまーわるーよ世界ぃーがーまーわるー
 吐きー気とー目眩を繰りかえーし♪」
ってな替え歌を口ずさんで気を紛らわしてます。
(中島みゆきさま、すんません^^;)

吐き気がするわりには、
“いっそのこと、吐いたら楽になるかも”
とトイレに駆け込むのですが、どんだけ頑張って(?)みても、唾液と涙と鼻水しか出てこないんだな、これが。
どんだけ消化はやいねん、私の胃。

最近気温が上がってきたので、家にいるときはベランダの戸を全開にしてますが、お隣の奥さんに
「やすえさんとこ、ゴジラ飼ってる?!」
と思われてないかが心配です(苦笑)。


まあ、終日NGな状態が続く訳ではないのですが、確実に一日のうち何時間かは、全く使い物になりません。


でも、こういった現状を
「だめだこりゃ私」
って悲観するんじゃなくて、
「こういうもんなんだ」
って自分で受け入れてやったら、それを前提に、一日の計画やら、一週間の予定やらを立てられるんじゃないかって事にも、最近気付いてまいりました。
井上陽水の「夢の中へ」にも

 探すのをやめた時
 見つかることもよくある話


という歌詞があるし、必要以上に落ち込むのにも、もうそれこそ飽きました。


沖縄は既に梅雨が明けたそうです。
大好きな夏が、もうすぐそこまで来てます。
太陽の下で、ほっこり温まりながら、心穏やかにすごそうよ、私。
posted by やすえ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

すでに「日」記ではないですが

鬱が昂じすぎて筆が止まっておりました。

他のブログは私情をそんなに挟まなくても記事がそれなりに書けるので、ちょこっとずつ更新してたりしますが、ここはそうはいかないらしい。


本当のことを言うと、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと鬱でした。

多分、2月に工場辞めてから、平常心を0とすると、それより下で浮いたり沈んだりしてた状態ですね。

時折明るく見えることがあったとしたら、それはお酒呑んでる時だったんじゃないかな(苦笑)。

…、もちろん、一線を越えてしまわないよう、家呑みは一切してません(きっぱり)。
その代わりライブに行ったら現金握りしめてドリンクカウンターを何往復かしてたりしたけど。
呑み会行ったら絶対に割り勘負けしてない勢いで呑んでたけど。


先週半ば、一ヶ月ぶりに精神科の受診の折に
「どうも眠くて仕方が無いんです」
と、ここのところの不調を訴えたところ、
「では、試験的に2週間、お薬を変えてみましょう」
ということになったのだけれど、
「パキシルは“選択的セロトニン再取込阻害薬”ですけど、今回は“選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬”を出してみますね」
という内容の丁寧な説明はあったものの、薬名は言われなかったんですよ。

で。

診察後、薬局で受け取った薬を見てみたら、
トレドミンやんかー!」
…そうです。
かつて私に、
「大人になってから、呑んでもないのに初めて吐いた」
と言わしめた、いわくつきの薬剤が袋の中に鎮座ましましておりました。

「前任医師からの引継ぎのカルテ、見落としてんかい!」
と、もう一回診察室になだれ込みそうになった私でしたが、よくよく考えてみたら、現在は自宅待機状態みたいなもんだし、
マンガ お手軽躁うつ病講座 High&Low』の中でも、著者のたなかみるさんが
「トレドミンは副作用を乗り越えたら劇的に効いた」
と書いてらっしゃったし、
何より知ってるメンタルシッカーさん
「薬が合ったみたいでだいぶ楽になった」
とのことだし、
「まー2週間集中で頑張ってみっか」
と、開き直って(諦めて?)、チャレンジしたのでありました。

最初の3日間はまあ予想通りというか、
◆マジでゲロする5秒前な吐き気がエンドレス
◆加えてちょうど生理中で、頭痛、めまい、倦怠感などてんこ盛り
で、ず~~~~~っと自宅で倒れてました。
コミュニケーション能力が落ちててもできる程度の作業のために、パソコンだけ必死で触ってたけど、平均一日18時間ぐらい布団の中にいたんとちゃうかな。
整骨院すら行けず、この3日間での外出と言えば、婦人科に薬をもらいに行っただけ。
食欲も当然落ちるし(動いてないから)、でも痩せてないし(苦笑)。

それがですね。

日曜日の夕方ぐらいから、妙に元気になってきたというか、洗濯機2回まわしたり、いきなり半年振りぐらいに(…ヲイ)掃除機かけ始めたり、なんだか妙にハイテンションになってきたりして。

実はそのまま寝ないで今に至ります。
(念の為。ワールドカップは観てません。うちにはテレビないし)

トレドミンは3日で効く薬じゃないし、どっちかというと眠気っちゅう副作用があるぐらいなんで、薬のせいではないような気もしますが、このままの勢いで、元気になれれば儲けもんかなぁ、とか思ったりしてます。


興奮(?)して眠れない徒然に、この日記の過去ログを読み返したりしてたのですが、その時にふと目に留まった一文がありました。

 私が望んで動けば、手に入らないものなんてない。
 手に入らないとしたら、それは私が真剣に欲しいと思って行動しないからだ。


過去の私は、ちゃんと解ってるじゃないか。

どんなに周りの人が助けを差し伸べてくれていても、最終的に私が行動しないと、何も始まらないんだよ。
逆に、私が真剣に行動したなら、環境はそれに伴ってくれるのかも知れない。

ちょっとね。
一年半前の自分に対して、恥じない自分になりたいって、真剣に反省してみました。

明日から、じゃなくて。
今日から、できることをやっていく気になろう。
そう、思ったりした、夜明けだったりします。



続きを読む
posted by やすえ at 06:33| Comment(3) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

痛みの後に見えたもの

腹痛がやっとこさ治まったかと思ったら、今朝から腱鞘炎がぶり返し、結局「痛い」しか言ってない気がします。
整骨院で久しぶりにテーピングぐるぐる巻きにしてもらいましたが、これからの季節、かぶれるし、汗ですぐめくれてくるし。
親指の爪の下あたりが猛汗で自然にはがれるテーピングってどうよ。
って言うか、そんなとこにそんな勢いで汗かく私がどうよ。


そうそう、書き忘れていた間抜けな小ネタ。

先週半ば、ええかげんストーブを片付けようとしたら、ほんの少し灯油が残ってたんで、仕方が無いから点灯して燃やし切ろうとしたら、思ったよりたくさんの灯油が残ってて、最高気温が30度を超える中、自室でひとり大我慢大会を開催するハメになってしまいました。
それでもストーブの上に鍋かけて料理する、間は抜けるがタダでは済まさない私(笑)


色々な出来事が私の真上を通り過ぎてって、着いて行くのに精一杯だったけれど、ああそうか、別に着いて行かなきゃならない、ってこともないのかも、と気づいて、少しだけ肩の荷が下りた。

 ポジティブとは、ネガティブを踏まえて、汚れた手でつかむものだ。
 何かを捨てないと、何かを得ることは出来ない。
 それでもつかむものがポジティブ。


今朝いちばんに私の目に飛び込んできたこの一文に、力いっぱい打ちのめされて目が覚めた。
やはり私の信じたものは信じるべきなのだ。
それが「自信」というものだろう。
と、確信させられた。まさに。


ちょうど一週間前。
「まぼろしコントロール」
を久しぶりに一曲目から最後まで通して聴いて、公共の乗り物に乗っていたのにも関わらず、涙が流れ出して止まらなくなった。
その理由を、どういう言葉で説明したらいいのだろう。
決して悲しくて泣いたのではなく、
言葉が、メロディが、直接私の涙袋をぎゅっと握り締めてきたとでも言うか。

「ミクロ」のサビで、
私はCDに合わせて、小さな声で
「ティリリリラ」って歌ってみて。
そして
「何にも知らなかったって知る」
という歌詞のほんとうの意味するところを、目の前に溢れた涙の向こうに探そうとしていた。
見つかったのかどうかは、あなたのご想像にお任せしましょう。

CDウォークマンを聴きながら号泣してる私を直視した見ず知らずの方々には、お騒がせしてほんまに申し訳ありませんでした。
みなさん、見なかったフリをしてくださって、心の中で感謝しております。


本当は、その時涙を流しながら、ぼんやりと決心していたこともあったのだけれど、ここ1週間の腹痛騒ぎで成就できず。
それも、たまたま会った人の、たまたま聞いた潔い決心に、私も潔くありたい、と切に願ったのですが、きっと時尚早、と神様が止めてくれたのかもしれない。

もうひとつ。
この一週間の間の友達からのメールで、ある種一番衝撃的だった一言。
好きな人に衝撃的告白をした、と。
「○○くん、本当は私のことあんまり好きじゃないんでしょ?」
彼女の潔さが、今日の朝日より眩しかったよ。


やはり独り悶々と鬱々と抱え込んでいることが良くないってことかな。


手首が痛い割には今日は喋り過ぎたかもしれない。
呑んではないんだけど。
何となく精神的にシラフじゃないのかもね。


ああ。
それでも明日は否応無しにやってくるみたいだし、
明日は明日で言いたいこともまた出てくるんだろう。


 君が鳴らす鐘の音とは
 違う音色で僕は歌おう

これは私の覚書。
夕刻の川べりを歩きながら、拾い上げたワンフレーズ。
明日、忘れていないために、書き留めておきたかった。
posted by やすえ at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

ひとけ?

引き続きはらいた続行中につき、布団の中からケイタイ日記。

よく考えたら、今月まだ一歩も外出してません(苦笑)

童話「ラプンツェル」を何となく思い出した。
ここ、9階だし。
まあ、私の髪は肩までしかないけどさ。
地上まで届く訳もないし。

髪が地上まで届かないんで、魔女は当然来ませんが、昼間、ベランダに生体反応を感じ、びびりながら、おそるおそる覗いてみたら。

鳩が散歩してました…。

「ひとけ」ではなく「はとけ」やった訳です。

しかも、2羽なかよく、クークー言ってるし。

「新居はここがいいかしら、あなた(はーと)」
とか言ってたらイヤやなあ。

とりあえず、うちの家庭菜園(ネギとバジルとパセリ育成中のプランター)で砂浴びとかすんなよ。


明日はせめて整骨院には行きたいもんです。
posted by やすえ at 00:21| Comment(5) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

なぞのはらいた

…で、ここ3日ほど苦しんでて、思うように外出もできません。

下痢はしてないんですが、毎日、すごい量の排泄物が排出されます。

ま、元々、便秘はしない体質だけど。

ダイエットで食事を変えた関係で、野菜とかキノコとかたくさん食べてるけど、そのせいかなあ。

いや、こーゆーことしてるせいだと言う人もいるかもしれないけど。

昔から賞味期限は守ってないからなー。


ああ、もっと真面目なことを書くつもりだったのだけど、今日はこうゆうことしか書けません。

あ、また、おなかイタい…。
posted by やすえ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする