2005年04月30日

寒い。

ここのところ、どうも寒い。
生理で自律神経が乱れてるんだろうとは思うけど、天気予報で暑くなると言ってるのが信じられないほど。
時折、冷や汗や脂汗が額ににじみ、それがまた寒さを倍増させる。
夜にはたいてい、震えながら帰宅してます。
電車の冷房が辛いので、薄物の重ね着するしかないなあ。
昨日、派遣の仕事で近江八幡まで行ったのだけど、帰りの電車、京都まで戻ってくるまでに、冷房で手がかじかんでしまってた。

暑いのには耐えられるけど、寒さにめっぽう弱い私。
今住んでるマンションは、冬でもあまり寒くならない上、ベランダが西向きなんだけど、きっとエアコンは取り付けないと思います。
うちに泊まりに来るつもりの皆様、夏は覚悟をして来て下さい(笑)。
あ、でも扇風機とうちわはあります(大笑)。

今から夜行バスで東京へ向かいます。
冷房対策で、いっぱい着こんで行こう。
posted by やすえ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月29日

貧血?

ちょっとマズいくらいに眠れない。
明日、5時半起きなのに。

生理がまる一日遅れでやってきて、段取りが色々狂ってつらい。
今回は目眩と頭痛でフラフラです。
明らかに、血が足りないような目眩で、今日の私はずっと震度1。
帰ってくる時も、電車で立ってるのが辛くて、座るために1本後のに乗ったくらい、世間が回ってる。
精神状態も明らかに不安定で、明日働きになど行きたくない事この上ないのですが、そういう訳にもいかず。
ちょっと前に心療内科で「働きすぎないように」と言われたけど、働かないとお金は入ってこないからなあ。
お医者も薬も、タダじゃないやん。

JRの昼得きっぷ、手数料無しで払い戻ししてもらえました。
今日のJR大阪駅の社員さんたちは皆、すごい丁寧に対応してくれたよ。
しかし、7月あたままで有効期限の或る券の払い戻しに応じてくれるって、裏を返せばそれくらいまで不通の可能性があるんかな。

交通機関関係のトラブルが頻発していて、今朝の大阪発仙台行き近鉄バスの横転事故も、本気で怖かった。週末に、キンモクセイのライブで東京行くのに、往復夜行バスなんだけど私。

そろそろ眠くなってきたかな。今のうちに眠ってしまおう。
明日朝すっと起きられたらいいな。
posted by やすえ at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月27日

必然と偶然

物事には、原因があって結果があるとよく言われております。

月曜日の列車事故、聞けば聞くほど「人災」感が強まり、沿線利用者としては、安全はどこにあるのだろう、と、情緒不安定の度合いが高まってしまっておりますが。
事故に直接遭遇しなくても、PTSDは起こるのではないかとも思う。
現に、最近うちに泊まった地方の友人も、彼女の日記によれば「私もこないだ乗ったあの線で…」とショックが大きくて呆然としている様子。

事故を起こした伊丹発9時14分の快速と、その前の電車とには、引っ越して以来、2月に辞めた心斎橋のバイトに行く際、ちょくちょく乗ってたことを昨夜になって思い出しました。
10時に店に入るシフトの日は、その快速電車がリミットなので、乗っていれば、地下鉄御堂筋線の乗り換えに近い1両目か、混んでいて前まで行けなければ2両目あたりにいたはず。

本当に私は、「たまたま乗ってなかっただけにすぎなかった」のでした。

…一体、私は何に守られているのだろう、と、改めて、厳かに感謝しています。
posted by やすえ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月26日

JRは当分使えないので。

昨日の列車事故で、当分の間JR伊丹駅発着の列車は前面運休なので、否が応でも阪急で通勤しなければならず、いつもより早く家を出ることを心がけなきゃならない。
それと、来月からの夜勤のバイトが始まるまでに運転再開しなければ(しない可能性の方がはるかに高いのだけど)、紅茶屋バイト→一旦帰宅→夜勤、が、かなりタイトな移動になること必至。
それから、JRの昼特きっぷ、払い戻しの処置はあるんだろうか。一応阪急の定期持ってて、イレギュラーな移動用に昼特買ってたので、振替輸送にJRの切符を利用すると全く無意味になってしまうのよ、私。
感傷に浸る間も無く、私らこの土地で生活していかなあかんのよ。って事を。

阪急電車は昨日より今日の方が混んでいる気がした。昨日はどうすりゃいいのか分からなかった人たちが、情報が行き渡りつつある中、阪急電車利用にシフトしてきたんだろう。特に帰りの阪急伊丹駅の乗降は、夜11時だと言うのにまるで震災前ぐらいの賑わいだった。
タクシー乗り場もバブル時代並みか?!ってくらいの行列になってて、そんな風景を横目に家に向かっていると、信号待ちで声をかけてくる中年男性あり。
「すいません。JR(伊丹駅)って、どっちですか?」
目的地はアリオだというので、途中まで方向が同じなので、道を説明しながら歩く。言葉が関西弁じゃなかったんで、転勤でこちらへ越してきて年数経ってない人かなという雰囲気で、聞けば「JRでしか行き来しないんで、阪急からの道が全く分からず迷ってた」との事。
産業道路まで来て「やっと東西南北が分かりました!」って言ってたから、大丈夫かな、とも思ったけれど、普通の人の行動範囲と土地・距離・方向感覚って、そんなもんなのかも知れない。
(私が世間平均より広域の土地勘ありすぎらしい)

土地勘と言えば、昨日慌ててメールをくれた友人たちの半数は、ニュースで「伊丹駅がどうとか言ってた」ので私を思い出したとか。
伊丹駅での事故じゃないんだけど、私のことを気にかけて心配してくれた人がいることには、素直に感謝してます。
そういや、咄嗟にこの日記で消息報告したのを読んで安心したという人も結構いたとの事で、ああそうか、そういう事にもブログって使えるのか、とも改めて感心した次第。さすが21世紀だなあ。
でも、無事である情報は発信できるけど、無事じゃない情報は自分で発信できないんよね。
何人かの友人のメールの書き出しは「生きてる?」だったけど、万が一死んでたら返信でけへんからなあ。
文明の利器にも色々と限界があるらしい。
posted by やすえ at 23:55 | Comment(1) | TrackBack(0) |

2005年04月25日

今日の私の行動および心境のこと

私の今住んでる家からは、阪急伊丹駅まで徒歩10分強、JR伊丹駅へは徒歩10分弱である。

なので、行き先によって、阪急とJRとを半々くらいの割合で利用している今日この頃だったり、した。


今朝は久しぶりに―引っ越してから初めて―三宮で手配りのバイトがあり、交通費との兼ね合いもあって当然のように阪急電車で向かった。
朝7時半〜9時半の現場で、私はJR元町駅前で配布してたのだけど、終わる直前ぐらいに、駅の方から割と緊急っぽい構内放送が聞こえたような気がしたのだけど、最近のJRは頻繁に事故や遅れがあって、そんなアナウンスもしょっちゅうなので、その時はそれほど気にも留めなかった。

現場が終わって、夕方のバイトまで時間があるので一度帰宅することにして、猛烈に眠くて帰りの阪急で殆ど眠りながら移動。伊丹駅で降りた時、改札に駅員さんがザルを持って立ってて、改札口の横の扉を開けて何やら誘導していたので、(…何かの団体で、何かのイベント?)と寝ぼけた頭で思いつつ、それもそれほど気に留めずに通り過ぎて。

阪急伊丹駅から家までの間に商工会議所があり、通りに面したところに伊丹のコミニュティFMのブースがあってスピーカーから放送が流れているのだけど、ちょうどニュースをやってて、
「…脱線した列車が線路脇のマンションに衝突、…」
と放送してるのが通りすがりに聞き取れて、(そんな大きな事故が、どこの国で起こったんだろう?)と思いながら、家に辿り着いて、布団にダイブした瞬間、電話が。
実家の母からで、そこで初めて、JR福知山線で事故があった事を知った次第。

それから、何人かの友人からメールが届きだし、その時点ではそれほどの惨事になっているとは知らなかった私は、割と呑気な返信をかえしながら、パソコン立ち上げてニュースを検索。

…言葉を失った。

とりあえず、「やすえは無事」宣言をこの日記に走り書いて夕方のバイトに出かけたのだけど、その間も友人からのメールは届き続け、バイトが終わる頃には派遣会社のマネージャーからの安否確認電話までかかってきたので、帰宅してもう一度ニュースを検索。

…再び、言葉を失った。


で、今に至ります。


うちにはテレビはないので、あくまで予想だけど、昼からのテレビはどの局も事故のニュースばかりだったそうなので、それを見た友人たちの驚きと焦りは相当のものだっただろうと思う。
立場が逆なら、私だって心配でたまらなくなるだろう。
夜帰宅して再び実家に電話したら、親戚一同から無事確認の電話がかかってきてたらしい。
現在、私が一番心配なのは、あまりに地元での出来事なので、死傷者の中に知っている人がいるのではないかということ。
現に友人が、いつもだったら事故に遭った列車に乗るはずが、今日に限ってたまたま1本前のに乗ったというのを知った時には(この日記のサイドの「お友達のブログ→独り言な雑記」)、その場にへたり込みそうになった。

原因はまだ分からず、様々言われているけれど、事故が起こった現実だけは、冷酷な事実であることに変わりはないだろう。続きを読む
posted by やすえ at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) |

とりあえず無事です

ゆうべ帰宅して、疲れ果てて日記も書かずに眠ってしまい、先に書いておきたいことはたくさんあるのだけど、とりあえずご報告、やすえは無事です。

さっきから、実家から電話はあるわ、友人たちからメールの嵐だわで、ものすごく心配してもらえてることに感謝。
今日はJR使わずに現場に行ったんで、何も知らず、昼食のために一時帰宅したのですが、さっき事故の映像見てびびりました。
まさか私の消息を知りたい人が、こんな時にこの日記を見に来てる訳もないか…と思いつつ確認したら、事故後のアクセスが跳ね上がってるので、とりあえずここでご報告しておきます。
夕方のバイトから帰ったら、またぼちぼち書きます。
posted by やすえ at 13:16 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月24日

そして晴れ?

夕方から再びお出かけ。
目的は京都・nanoでのロボピッチャーのライブ。
来週の東京ツアーを貧乏を理由に(…厳密には他にも色々事情あるけど)諦めた私にとっては、次のライブが未定のまま向かえるライブの日となった訳で、どんなに鬱でも、これだけは直前おさぼりはできない、と、かなり自分を脅迫しながらの外出となったかも。
いや、今日は働いてもないのに、バイトの説明会で無駄にエネルギー使って疲れ果ててたから、危うくそのまま引きこもりそうだったんですが(汗)。

それでも、幸いnanoには何度か行ったことがあるので、ちゃんとお出かけできました。
開場予定時刻を少し過ぎる頃に着いたらまだ開場してなくて、少し待って入ったら、中途半端な位置の席に座る羽目になり、終始、ステージが殆ど見えなかった。いくら私の座高が高いからって、立ってる人よりは低いので(苦笑)。

開演時刻を15分くらい押して、オープニングアクトのManta登場。
しかし、ステージに何人いるのかすら見えない。
この頃には既にお客さん結構詰まってたんで、出演者もステージに辿り着くのが大変そうでした。
映像も使ってのステージで、一人ずつ登場して演奏していた(ように感じた)のですが、インストバンドかと思いきや、しっかり歌の入る曲もありました。
途中、お客さんが後ろを振り返る率があまりに高いなと思ったら、PA席のnano店長・土龍氏が何とサックス吹きながらPAされてました。土龍氏もメンバーだそうです。

次に24ページ。2月にknaveでの対バンでも一度見たけど、今日の方が聴きやすかったように感じた。私がアルバム欲しいなって思ったって事は、結構当たりな事が多いからなあ。来週のタワレコのWポイント期間に購入予定のCDがまた増えてしまったよ。

そしてロボピッチャーは本日トリ。
曲は「ロボピッチャー」「パレード」「今日じゃない明日」「キャンディビート」「サイケデリックハロー(新曲)」「夕暮れ時を待ちながら」「ループ」「つぎ見る雲が一番きれい」、アンコールで「恋でも恋じゃなくても」。
私が座ってた位置からは、終始ありちゃんしか見えなくて、加藤さんの顔が見えないライブなんて、実は一昨年のネガポジワンマンの時以来かも。
「パレード」は、忘れた頃にフェイントのようにやるけど、いつもなかなか良い感じで聴かせてくれる。…自慢じゃないけど、森さんのカウントのテンポでどの曲やるか大体分かる私が、(え、何の曲?)って一瞬躊躇したりした(汗)。
「今日じゃない明日」は、最近聴くたび色々思うところがあるのだけど、続く「キャンディビート」も、今日で聴くの3回目で少し馴染んできたせいか、ものすごく心の中のある感情が掬い取られるように噴出して来て、思わず泣きそうになりながら聴いてた。
新曲の「サイケデリックハロー」は、いかにもロボピッチャー!って感じの曲だった。私の乏しいボキャブラリーでは、それ以上の説明ができないのだけれど、大体「サイケデリックハロー」なんてタイトルからして、ロボピッチャーらしいと私は思うのだけれど。ただ、見えないけど、新曲だけに演奏がやはり探るような感じかなあ、と思ってたら、歌い終わって加藤さんが「新曲終わってほっとした」って。いや、私も何だかほっとした気分になったんですけど(笑)。
そのせいか、次の「夕暮れ時を待ちながら」が、ものすごーく安心して聴けた気がする。
今日、行きの電車の中で、(そういや、「つぎ見る雲が一番きれい」を加藤さんソロで聴いたのはnanoやったなあ。随分長いことロボピッチャーのライブで聴いてないなあ)と思ってたら、思いかけずやってくれて、結構嬉しかった。
でも、更に嬉しかったのは、次の関西ライブの告知があったことです。
結構急に決まったらしいんだけど、5月29日のファンダンゴ、ぜえぇったい行きますっ!

鬱の特徴として、記憶があやふやになるってことがあり、最近1分前の自分の行動にすら(あれやったかな?大丈夫かな?)って不安でたまらなくなることこの上ない私が、ロボピッチャーのライブで曲順をメモも取らずに覚えてられるってこと自体、奇跡に近いくらいの出来事なんで、次いつライブに行けるか分からないってことが、私の病状によろしい訳がないだろう!って不安が山盛りあったので、このライブ告知は本当に嬉しかったです。
少なくとも、5月29日までは、日々の先に楽しみを掲げて生きていけます。
ちょっとオーバーかも知れないけれど。


しかし、調子に乗ってアンコールまでたっぷり楽しんでたら、終電危険時刻になってしまったので、アンケートも書けずに出てきてしまったよ。
明日は早朝から手配りバイトがあるので、間違っても終電逃してネットカフェ泊は避けたかったので、来た時よりも更に競歩な勢いで、阪急河原町へ滑り込んだのでした。
posted by やすえ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |

晴れのち曇り?

昼から、来月からの夜勤バイトの説明会へ。
どうせ夜眠れないなら、と申し込んだ、家から自転車で5分の某宅急便会社(…全然伏字の意味がない)の、荷物仕分けのアルバイトです。
夜、紅茶屋のバイトが終わってから帰宅し、荷物を置いて自転車で出勤し、0時から6時まで働いて、それから寝るか、という生活になる予定。
ただ、ちょっと精神的に「大丈夫かよ私」と思ってしまう場面が多々あり、どっちかというと憂鬱な気分で会社を出ることに。
まあ、2ヶ月ごとの更新だから、と、なるべく自分に重圧をかけないように言い聞かせるように会社を後にした。
色んな予定の兼ね合いから、ゴールデンウイーク明けからの勤務になるけど、どうなることやら。

帰りに卸売市場の前を通りかかったら、市場まつりはもうほぼ終わっていた。
まだ開いてたら、奮発して肉の串焼き食べたいなと思ってたのに、世の中うまくいかないもんだ。
posted by やすえ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |

市場まつりで詰め放題

ちょっと疲れ果てて、24日は日記がかけなかったのだけど、色々思うこともあるので、さも当日書いたかのように書いてみてます。

朝9時という、休日の私にしては驚異的な早起きができたので、久しぶりにちゃんと朝ごはんを摂り、前日の日記でもちらっと触れていた「市場まつり」へ。
今住んでるマンションから歩いて3分ほどのところにある卸売市場で、年4回野菜の即売などのイベントがあり、折角近所に引っ越してきたんで、今回初めて行ってみました。
10時半頃行ったら、もうすごい人出で、地元の野菜以外にも、色んな産地の野菜やお米や花や、その他バザーもやってたり、屋台もものすごく盛況な感じでした。
うなぎの蒲焼がすごい美味しそうだったけど、そう思っている人が他にもいっぱいいて、うなぎの周りをぐるりと囲むように長蛇の列になってたので、それは諦めて、しいたけ・にんじん・たまねぎ・じゃがいもの「袋に詰め放題200円」に燃えて参りました。おかげで我が家の食卓は、当分の間“きのこ・根菜まつり”になりそうです。あと、1本100円のゴーヤ。これ、どう料理しようかな。ピーマンも2袋100円だったし。
にら3束100円も捨てがたかったんだけど、料理のやりくりを考えると諦めざるを得なかったです。
次に行く時には、冷蔵庫を空っぽにしてから行こうと思いました。
posted by やすえ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月23日

酔っ払い。

ワインを肴に、チーズをたらふくいただいた。
ヴァシュラン・モンドールのホール食い。
かなり、ごっきげんです。

なんで、ごっきげんなまま、とっとと寝てしまおうと思います。
明日は早起きできたら、近所で開催される「市場まつり」に行きたいな。
posted by やすえ at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月22日

「今日も眠れない」

風邪で辛かったのもあるけど、それよりバイトのスケジュールがタイトで辛かったので、ついつい日記をおさぼりしてました。
体調は、今日の夕方ごろから見違えるほど回復。味覚と嗅覚が霧が晴れるように戻ったのは良いのだけど、ここのところ台所の始末がちゃんとできていなかったので、いきなり自分ちの悪臭に苦しむ羽目に。
ついでに、冷蔵庫の食材の痛み具合が、やっと分かるようになりました。昨日なんか、傷んでる牛乳飲んでお腹が割とえらいことになってたもんなあ(苦笑)。

そんな訳で、久しぶりにパソコン立ち上げて、山のように溜まってたメールに目を通し、日曜日のロボピッチャーのライブの予約を慌てて申し込み、その他いろいろして、ようやっと日記など書いてます。

そうそう、だいぶ前に書いてた、洗濯機の設置に関する一件ですが、結局、置き台は母が大学時代の後輩さんにお願いしてくれて、ずいぶん立派な物を作っていただきました。
が、いざ洗濯機を設置したら、今度は水道のパッキンと排水管が笑っちゃうくらい劣化してて水漏れ状態で、こちらは妹の知り合いで詳しい人にお願いして、ようやっと先日まともに使える状態になりました。
が、風邪とオーバーワークとで、結局まだ洗濯できてない。
それより、早く洗剤買いに行かなきゃ(笑)。

それにしても、どうも新居へ移ってから、水関係のトラブルが多すぎて、昨夜も浄水器のバルブの水の出が悪くなってたので、掃除しようとして見事破損してしまう始末。
一応、占星術の知識があるのに、引っ越すのに日も方位も全く調べずじまいだったからなあ。今からでも一度自己鑑定してみるべきなんだろうか。

でも、今日の昼間、手配りのバイトで元町でティッシュ配りしてたら、通りすがりのおじいちゃんに「そこで貰ったんやけど、重いし別にいらんから」と、ミネラルウォーターのペットボトル(しかも2ℓ)を貰った。
(浄水器が使えない間、水買わなきゃ〜。水、水!)ってものすごく強烈に念じていたらしい。やっぱり、心は強く望んだことを叶える力があるんだわ。
そういや、以前泣くほどお金がない時、途方にくれて下向いて道を歩いてたら、現金も含めて随分金目の物を拾ったもんなあ(笑)。


花粉症もだいぶ軽くなったようで、やっと私にとって本格的な春が訪れつつあるようです。
ただ、精神状態はまだ春とは言い切れず、正直に言うと、基本的に夜なかなか寝付けない。
風邪の薬の飲み合わせが自分でも心配だったので、yahooヘルスケアで検索したついでに色々見てて、「ちゃらんぽらんな人はうつになりません」という一文を読んで、随分それがギリギリのところで、私の心の支えになってたりする。
というのは、ここのところ本当に「私って何やってもダメ」感に圧迫される機会が多すぎて、派遣の現場でも(風邪ひいてて仕事に集中できなかったとは言え)「いい仕事してる」とは担当者に思ってもらえなかったな、とか、単発の工場作業の現場に行って「常識的に考えたら分かるやろ。要領悪いな」みたいな怒られ方したり、既存のバイトさんに「変な人」と思われてるんやろなとか思ったりして、その上他の登録制のバイトでも、社員さんとうまく意思の疎通ができてないなとメールや電話でのやりとりの端々に感じたりして、この一週間は風邪ひいてなくても大いに駄目な私だった。
風邪の加減で、耳も聞こえにくいっていうのも、かなり不安を増長してるのかもしれないけど。
薬の副作用なのかは分からないけど、今週は幻覚ならぬ「幻感」もひどかったです。元々目が悪いので、気配で物を察知しようとする傾向は昔からあるのだけど、「あ、後ろから自転車来てる気配があるからよけなきゃ」と道の端に寄って振り返ると誰もいなかったり、とか。地震みたいな目眩も結構あるし。
ああ、今日、心療内科の日だったのに、すっかりそういう話をするのを忘れてて、風邪のことしか言えなかったなあ。やっぱりメモ持って行かなきゃダメだなあ。


昨夜遅くに、急に岡村孝子が聴きたくなって、お医者の帰りに実家へ行って、アルバム「私の中の微風」を発掘してきました。

 見えるものを見えると言えないことが多すぎて
 誰もかれも利口に思えて今日も眠れない

この曲を繰り返し聴いていた高校時代、歌詞の深い意味はきっと分かってなかっただろうな、私。この頃の孝子さんは、今の私よりずっと若かったはずだけど。
そういや、孝子さんも久々にライブ活動再開されてるんよなあ。随分人生紆余曲折あったそうだけど、アー写見る限り昔と大して変わってない気が。
ところで、現代の若者たちは「あみん」は知っているのだろうか…(苦笑)。
posted by やすえ at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月19日

「どっかで見たことある顔なんだけど」

花粉症対策の一環で、昨年末からコンタクト使用を中断し、メガネ生活にしてからというもの、「アジカンのゴッチに似てるよね」と、ずいぶんたくさんの人に言われる私。

しかし、最近の寝起きの髪型は、どっちかと言うとキヨシくんである。
毎朝、鏡に向かって失笑。

どっちにしろ、風貌が「女離れ」してる事に変わりはないので、最近は女性専用車両に乗るのを遠慮してたりする。
でないと、私の姿を見て間違えて男の人が乗ってくるのよ。
こないだも、女子トイレに入ろうとしたら、男の人がつられて付いて来たし(苦笑)。

私の風貌をご存じない、この日記の読者の方々に、念のため誤解のないよう補足しますが、つじあやのに似てる、ともたまに言われます、はい。


風邪はまだ完治せず。
なのに、なんで今週、平均起床6時が4連チャンなのさ。仕事があるのは良いことなんだろうけど。

仕事といえば、こないだ書いてた夜勤のバイト、採用の運びとなりました。
詳細は後日きっと書く。

それにしても、おなかすいたなあ。ストレス溜まってるんかなあ。
相変わらず食べ物の味も分からないのに、食べたい欲は健在なようです。
posted by やすえ at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月18日

食費ひと月5万円

土曜日に病院で出された咳止めシロップがようやく効いてきたのか、咳はだいぶ出なくなったけど、声はまだまだ本調子ではないです。

味と匂いが分からないのも相変わらずなので、もしかしたら、今ならワサビが食べられるかも知れないと思ったけど、夜のスーパーの惣菜売り場の半額の寿司にチャレンジしても、ワサビが分からないならネタの味も分からないだろうと、思いとどまりました。
2月の食費が、紅茶屋でのバイト代より多かった事を反省して、バイトの帰りにスーパーやコンビニへ寄るのを、できるだけ減らそうと思った次第。
大体、マクドナルド以外のファーストフードやコンビニを利用すると、満腹感を得るのに最低でも千円以上必要な私。
なので最近はできるだけ、ご飯お代わり自由の定食屋を利用するようにしてるんだけど、焼け石に水かもしれない。

そういや3年前の花粉症の時は、やっぱり味覚・嗅覚0状態で、そのうえ神経性胃炎もあり、ひと月で体重10kg減という驚異的な減量に成功(?)したのだけれど、今年は食欲落ちないなあ。
経済状況的には、少しぐらい食べれなくなるくらいの方が良さそうなんだけど。

それにしても、外食も飲み代も含んでるとはいえ、食費ひと月5万円って…何人家族やねん(苦笑)。
posted by やすえ at 22:40 | Comment(1) | TrackBack(0) |

2005年04月17日

殆ど病記

咳が止まらへん。

肺が痛いほど咳が出るのもなかなか辛いのですが、風邪をひいたと思われる水曜日辺りから、味覚と嗅覚がほぼ0状態となっております。
何食べても味が全く分からない。
ただ、触覚は鈍ってないせいか、口に食べ物を入れた時の舌の感覚が、今迄の経験で、甘いか辛いか苦いか…ってのが分かって、ああそうか、「味わう」って味覚以外の感覚も動員してたんだと気付いて、なかなか面白いです。

とりあえず、味と香りが分からないのを逆手に取って、調理時の調味料節約を図っている私。
あと、某通販会社の頒布会でやってきたどうしようもないフレーバーティも、今なら抵抗なく口に出来ます(笑)。
ラベンダーティとか、一体誰が好き好んで飲んでるんだと思ってしまう私は、実はハーブティもかなり苦手だったりします。


そんな病人な状態で、それでも昨日よりは少しは声が出るかも、という状態にはなったんだけど、今日の派遣の現場でちょっと精神的に疲れてしまいました。
やっぱりまだ、人と接することが精神的に負担なようで、お客さんに呼びかけて拒否されると、泣き出したくなるくらいのショックを受けてしまってる。
こんな状態なので、別の派遣会社からも散々オファーがあるテレマの仕事なんて、受けたら間違いなく即刻精神不調をきたすだろうな。
ついでに3人以上のお客さんが一斉にこちらに向かって来たら、それだけで恐怖を感じてしまってる。これはずっと前からだけど。


あるお友達が、数日前の私の日記(「面白いこと」)を読んで、面白い!って自分の日記に書いてくれてたのですが、私は私で彼女の鬱闘病日記を読んでて心中穏やかじゃないくらい心配してたりしてます。
けど私も大概大丈夫とは言えないみたいね。
そういや私もここ数ヶ月、朝が精神的に辛くて、日が暮れる頃何となく元気になって、夜更かし、ってな生活になってきてたので、夜勤の時間帯のバイトの面接に昨日行ってみたりしたのだけれど、面接の手ごたえがあまりに悪くて、それもあって今日はLOWに沈んでいってる。


それでも明日と明後日は朝が早いので、無理やりにでも眠ってしまおうか。
posted by やすえ at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月16日

今日のつれづれ

そんな訳で、今日は朝から実家の向かいの内科へ。
先生に持ってった現在の服用薬を見せるのはあまり抵抗なかったんだけど、そこの傍の薬局の薬剤師さん(実家のご近所さん)に見せるのは、何故か抵抗を感じてしまった。「夜、眠れないの?」と訊かれたりして、「…まあ、色々ありまして」と言いにくそうに言ってみたら、それ以上何も訊かないでおいてくれたけど、後日うちの母には何か言われるんじゃないかなあ。
まあ、今回処方されたPL顆粒とハタナジンとが薬効が一部かぶる(抗ヒスタミン効果のあたりらしい)んで、両方飲むとめちゃめちゃ眠くなるかも、と言われたけど、昼食後に試しで同時服用しても全く眠気はやってきませんでした(笑)。

明日は派遣の現場が入ってることもあり、大事をとってネガポジでの原田博行語り弾きは諦めて、こんな日記を書いてたりします。

そしたら、夕方のラジオのニュースで、高田渡さんがお亡くなりになったことを知りました。
詳細は分からないけど、かなり急な事だったようです。
昨日、「春一番」の出演者チラシをタワレコで手に入れて見てたとこだっただけに、思わず「えっ!」と叫んでしまいました。
咄嗟に、ディープな高田渡ファンの知人2人の顔が思い浮かびました。
私は高田渡のライブは一度も見たことなくて、それどころか数年前のキンチョーのCMソングしか本人の声を聞いた事がないのだけど、有名な人やからきっとそのうち、どっかで見れるやろう、と思っていただけに、「そのうち」は下手すると一生来ないってことをまさに思い知った今日でした。
ご冥福をお祈りいたします。
posted by やすえ at 21:10 | Comment(1) | TrackBack(0) |

願えば叶うらしいけど

「心は強く願ったものを叶える力がある」ってのは、常日頃からの私の持論ではあるのですが、前回の日記の冒頭であんなこと書いたせいか、どうも本格的に風邪を引いてしまいました。
水曜の夜から、おっさんのような咳が出だして、鼻水が明らかに花粉症のものとは違う状態になってきて、現在、力いっぱい性別不明な声でしか喋れません(というか「喋らなくていいから」と周りには言われている)。

ってことは、ヒノキ花粉は大丈夫なんかな。ってことにしておきたい今日この頃。

食べ物の味や香りが全く分からないのが何より面白くないので、週末の外食予定は全て諦めることにして、家でおとなしくしておきます。
ネガポジの美味しいご飯食べたかったんだけどなあ。


でも、昨日のロボピッチャー@ファンダンゴは、執念で行ってまいりました。
ずーっとロボピッチャーのライブにお誘いしていた福岡のTちゃんが、今回来てくれる運びになったので、休んでなるものかと。
開場直後にファンダンゴに入ったら、2日前とはまるで別のハコのようにお客さんは少なかったです。予想はしてたけど(笑)。
「バスの到着時刻の関係で遅くなるかも」と言ってたTちゃんも、開演に間に合って一安心したあたりで、ライブ開始。

最初はゆーきゃん。最初は一人で弾き語り、間にサポートメンバーが入って何曲かやったあと、最後はまた一人で、とメリハリのあるステージでした。
ラストの曲を「そこ、あいてるから」とステージから降りてモニタースピーカー前に座り、マイク無しで歌い上げたのが印象的でした。

続くシュガーフィールズは、バンド名は聞いた事あったけど見るのは初めてで、一見普通で、よく見たら普通じゃないバンドさんでした。
今度、カバーCD出すとかで、田原俊彦の「ハッとして!GOOD」を歌ってくれたけど、どっちかというと聖子ちゃんの「チェリーブラッサム」の方が聴きたかったかな。

その次はぱぱぼっくす。何だか妙に牧歌的な曲の感じのユニットでしたが、MCがものすごい脱力系で、そちらの方が印象に残ってしまった(笑)。
そのMCで「今日は、ゆーきゃん:静か、シュガーフィールズ:賑やか、ぱぱぼっくす:こんなん、ろぼぴっちゃー:勇ましい?」ってなことを言ってましたが、すごいシンプルにこのライブの出演者の特徴を言い切ってるなあ、と思った次第。

そしてロボピッチャーはトリでした。曲は「わたしの形の溶けたチョコレート」「今日じゃない明日」「キャンディビート」「夕暮れ時を待ちながら」「ループ」「フラワー」。
ライブってのはナマモノなので、日によって当然出来不出来の波はあるのだろうけど、この日は、ロボピッチャーが持ってるものを最大限に直球で表現できてるのじゃあないだろうか、っていうライブでした。一曲目の時点で、私は「どうしちゃったんですか!すごいじゃあないですか!」って心の中で言ってたけど、続く「今日じゃない明日」のアレンジが微妙に変わってて、その変化がとても曲にぴたっと寄り添っているようで、私はもう何て言っていいかわからないくらい、感動にひたっておりました。
「キャンディビート」は1月のファンダンゴで聴いて以来だったけど、まさかまた聴けるとは思ってなかった(その時は曲名をど忘れしてしまったんで、この日記でのレボの曲名リストを適当にごまかしてた私)。
「夕暮れ時を待ちながら」のエンディングも、先日のデパオクのアンコールで聴いたすごいアレンジが、さらにかっこよくできあがってたし。
今回Tちゃんに来てもらって、ほんとに良かった、って心から思えるライブでした。
posted by やすえ at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2005年04月13日

不快晴

例年なら、桜の季節には花粉症も小康状態になっているはずが、今年は一向に良くならないどころか、むしろ悪化しているのは
●花粉症ではなく風邪をひいてる
●スギだけではなく、ヒノキ花粉症も併発してる
のどちらかだろうか?
私は、一年中で自分の生まれ月の5月が一番好きなので、できれば前者であってほしいと願ってしまう。
天気予報で「明日は快晴でしょう」とか言われると、「私にとっては不快晴やっちゅーの」ってな突っ込みを思わず入れてしまっております。

「晴れが良いお天気だとは限らないのです」

…まあいいや。

しかし、仮に風邪だとしても、常用している薬の関係で、無闇に市販の風邪薬を使えない私。
婦人科疾患対応で飲んでるトリキュラ以外に、昨年末から服用の抗鬱剤が3種。毎食後にハタナジン25mg、朝食後にトレドミン15mg、眠前にレスリン25mg。
もっともこれらは弱めの薬らしく、精神病院勤務の看護師やってる友人に訊いて見たら
「聞いたこともない薬名やなあ。薬なんて病院によっても違ったりするし、うちで扱ってるのは「ほんまもん」の患者さん用やから、外来の患者さん用の薬は分からん」
と言い放たれた次第。

心療内科で、前年まで花粉症対策でアレグラを服用してる旨告げたら
「それは「薬の飲み合わせ」が悪いから」と服用を止められ、最初に出てた食後の薬が、抗ヒスタミン効果もあるハタナジンに代わったのですが、どうも花粉症に対して完璧に効いてはくれない。
と、先日の診療日に先生に言ったら
「花粉症には市販の鼻炎薬の方が効くんで、様子見ながら試してみたらいいですよ」
って。
ええんかい(苦笑)。
…まあ、アレグラ60mgと併用するより、市販薬の方が危険度は少ないって意味らしいんだけどさ。
心療内科の先生も花粉症なので、これでも辛さは理解してくれてると思うんですが。


さて、ギャラ金額が謎なまま行った本日の仕事、心身ともに結構疲れたりしました。
詳細は書くまでもないようなことなんだけど、精神がすさむような現場はちょっとねえ…。


それでも、働いたあとで、十三ファンダンゴでのアナログフィッシュのワンマンライブに行ってまいりました。
(2日前まで行こうかどうしょうか迷ってたんだけど)
先月一ヶ月がかりで改装したという外壁がどうなっているのかも気になってたのですが、すごいシンプルでした。というか、壁が白すぎて、ほんとにそこにファンダンゴがあるのか、目の前に立つまで不安だったです(笑)。
ライブは19時からでしたが、18時半過ぎに入ったら、結構お客さんいっぱいで、着いた時点で解ったことは「ああ、こりゃ斉藤くんがドラム叩いてる姿は見えないなあ」。
私は、アナログフィッシュに関しては、下岡くんの捉えどころのない歌詞も、佐々木くんの挙動不審なベースも大好きなんだけど、斉藤くんの、まるで大好きなおもちゃで遊んでるように嬉しそうにドラム叩いてる様子が、めっちゃ大好きだってことに今回気付きましたよ。見れなくて気付くあたりがいかにも私らしいか。
ライブは、1曲目が「ナイトライダー」で、ゆるーく行くのかと思いきや、続く「バタフライ」がやけにロックな演奏で、おおっ!と思っていたら、あとはとってもロックなロックなライブとなりました。最初はゆるーい感じで見ていたお客さんも、「BGM」では拳あげてたし。…私はそんな中(ああ、「BGM」の息継ぎの位置はそこなのか!)って冷静に見ておりました。
新曲もいくつかあり、アンコールもまさかの2回目がありで(一度かかったBGをメンバーが止めました。「ユーミンを止めろ〜」って(笑)。)、すごいしんどい状態で行ったにも関わらず、楽しい時間を過ごせました。
次のアナログフィッシュは5月8日のスペシャのイベント。指定席券しか取れなかったのがちょっと残念だけど、楽しみです。
(その頃には、花粉症ではないことを切に願う!)




ってなことを書いたはいいけど、あまりに眠くて、無意識のうちに下書き保存して眠っていた私。
とりあえず、日が変わってから加筆修正して、更新しております。
posted by やすえ at 23:28 | Comment(1) | TrackBack(0) |

2005年04月12日

面白いこと

ここしばらくのこの日記を読み返したけど、どうも文章に精彩さが欠けている。
いくら体調がはっきりしないからと言って、書く文章にまでキレがなくなるのはアカンやろ、私。

ってな訳で、面白い事を探してでも書こうかと思う。

…と思った矢先に、明日登録説明会に行く予定の作業系人材派遣会社から
「明日、空いてらっしゃるんでしたら、説明会を後日にして、先にお仕事しませんか?」
と電話が。
私が昔、推奨販売系の人材派遣会社で内勤してた時も、繁忙期には「朝いちに面接した人を当日そのまま現場へ」ってなギリギリの仕事の振り方したこともあったけど、これはその上を行くブッキングやん。面白すぎるわ。

でも、こんな時間(22時過ぎ)までブッキングの為に事務所にいる内勤のお姉さんがあまりに気の毒だったのと、次の給料日は月末なのでツライところだったのとで、その仕事、受けることにしました。
倉庫内作業なんで、精神的な負担も少なそうだし、とりあえず、家についたら弁当の用意です。

…あ、ギャラ金額聞くの忘れた。
(こんな私が一番面白いかも)
posted by やすえ at 23:19 | Comment(3) | TrackBack(0) |

2005年04月11日

生き延びよう

そしてさまざまな物事が目まぐるしく動いていく中で、私は相変わらずその速さについてゆけず、視線は宙を泳いだまま途方にくれることも多いのだけど、それでも、「生き延びよう」と率直に思った。
辛いことや疲れることが山のように押し寄せてくる日々であっても、その間をかいくぐって、一昨日のような煌く幸福感を確かに感じられる瞬間に、生き延びていけばまた出逢えるかもしれないから。

心の病は振り子のように「good」と「bad」との間で私を揺さぶるので、もしかすると明日はまた深く深く沈んでいるかもしれないけれど、それでも良い状態の私の体感を、忘れずに思い出していたい。

明日の私のために、この瞬間の感情を贈ろう。
posted by やすえ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) |

突然の告知ですが

金曜日、名古屋にいた私に、友人から1通のメールが。
「急な話ですが、周りに演劇やりたい!っていう人いませんか?」
って、確かに急な話だったんだけど、折角こういう媒体で文章など書き散らかしているので、その呼びかけに協力したいと思います。
長年劇団員をしている友人で、私も何度か公演を見に行ったことはあるのですが、今度は彼女の仕切りで新劇団を立ち上げることになったので、それに伴い劇団員を募集中との事。
以下、詳細。

  劇団員募集!

 @演劇をやりたい方
 A演劇に興味ある方
 B何かやりたいけど、やりたいことが見つからない方
 C自分に自信を持てない方
 Dコンプレックスのある方
 Eよくわかんないけど、とりあえず一度舞台に立ってみたい方

 …上記のどれか一つでも当てはまる方、一度舞台に立ってみませんか?
 自分でも気付かなかった自分の中の何かが見えてくるかもしれません。
 演劇未経験者も、プロから学んだ練習方法で基礎を身に付けられます。

 練習は毎週水曜18〜21時(予定)
 場所は阪急中津駅徒歩1分・ピエロハーバー
 練習費用は月額1万円(公演前には多少変動有)
 年齢・性別不問


…で、最初は知り合い紹介を頼まれただけだったにも関わらず、上記@〜E全てに当てはまった私は、気付いたら劇団員1号になっておりました(笑)。
そんな訳で、お問い合わせはとりあえず私まで。こちらのコメントか、(使える方は)左のブログペット、もしくは lapsang@anet.ne.jp へお願いします。
posted by やすえ at 03:53 | Comment(1) | TrackBack(0) |